Q&A 変形性ひざ関節症

目次

変形性ひざ関節症のよくあるご質問
手術後のスポーツについて
重症の変形性ひざ関節症のストレッチは?
ひざにたまった関節液はどうしたらよい?
ヒアルロン酸注射の頻度は?
ヒアルロン酸注射について
人工ひざ関節置換術を考えるタイミングは?
認知症の場合の手術は?
ひざの異音
高齢の場合の手術は?
再生医療の見通しは?
正座はしてもかまわない?
もっと知りたい!運動

変形性ひざ関節症のよくあるご質問

手術後のスポーツについて

2年前に人工膝[ひざ]関節置換術をしました。
医師より、重いものを持たない・平泳ぎはNG・ゴルフもダメ・ジョギングもダメと注意されておりますが、これは、今後も続ける必要があるのでしょうか?運動の内容として、早歩き・階段歩き・スクワット等を行っておりますが、人工関節を長く使いたいので具体的な術後のフォローの仕方・やってはいけないことを教えてください。(63歳 男性)
人工ひざ関節の術後のスポーツについては、患者さん個々の状態によって異なります。過度なスポーツは人工関節のゆるみにつながることがあります。参考までに、米国膝関節学会の報告では、水泳、ゴルフなどは人工ひざ関節術後に許可されている活動です。ジョギングは繰り返す衝撃負荷があり行ってはいけないスポーツとされています。重いものについては、重量挙げなど極端に重いものでなければ神経質になる必要はありません。
一般に、サッカー、テニス(シングル)、バレーボール、器械体操、バスケットボール、ハンドボール、ジョギングなどのスポーツは避けておいたほうが人工関節は長持ちすると考えられています。定期的な診察とX線検査をうけることも大切です。

重症の変形性ひざ関節症のストレッチは?

変形性膝関節症の重度で、放送された方よりも進んでいます。
「入浴後の ひざ抱えストレッチ」についての質問です。
放送されているほど膝の可動域が有りません。左ひざは約90度曲がりますが、右ひざは90度曲がりません。
お風呂で可動域の確保 曲げる練習をした方が良いですか?
それとも ひざ抱えストレッチを無理にした方が良いですか? (55歳 女性)
90度しか曲がらない場合、完全なひざ抱えストレッチは難しいと思います。しかし、できる範囲内で曲げ伸ばしの練習を行うことは大切です。お風呂で時間をかけてゆっくりと曲げる訓練をお勧めします。

ひざにたまった関節液はどうしたらよい?

現在、変形性膝関節症で整形外科にて2~3か月ごとに膝部にたまる水を抜いています。
2015年6月に最初に水抜きし、それ以来、膝にかかる負担を減らすため、体重を9kg減量し、毎日サポーターを付けて膝をかばい、筋肉増強のためウォーキングや筋トレをしています。おかげで膝の痛みは薄れつつあり、改善の跡が見えますが、膝部にたまる水は容易に改善できません。水はこのまま定期的に抜き続けることがベストでしょうか? (72歳 男性)
たまった水を放置するよりは抜くほうがベターです。水を抜くのと同時にヒアルロン酸の関節内注射をすることが多く、治療を兼ねています。水があっても運動は必要です。特に筋力訓練は炎症を抑える可能性があり、水の量が減ることも期待できます。ウォーキングで腫れが強くなるようなら、水中運動や自転車こぎなど膝への負担の少ない方法に変更するとよいです。

ヒアルロン酸注射の頻度は?

10年程前に膝が曲がらなくなり、ヒアルロン酸関節注射を5週連続で接種して症状が回復しましたが、何年かしてまた痛くなり再び注射をうちました。現在では月に2回程、2年以上続けてうっています。ヒアルロン酸関節注射は長期にわたり接種していても特に問題はないものなのでしようか。軟骨保護のために定期的にうっていた方が良いのでしょうか? (55歳 女性)
ヒアルロン酸には軟骨保護作用があることが実験レベルで確認されています。理論的には注射を続けたほうがよいかもしれませんが、実際の患者さんではっきりした効果があることは証明されていません。通常、注射によって大きな問題が起こることはありませんので、効果を実感されているようなら定期的に治療をうけたらよいかと思います。しかし、ごく稀ながら関節の腫れ・痛み・感染症などを生じることが報告されています。効果がないのに漫然と注射だけの治療を続けることはお勧めできません。

ヒアルロン酸注射について

2か月程前から膝に違和感を感じはじめ、徐々に痛みが出だしたので病院を受診しました。初期の変形性膝関節症と診断され、週に一度、ヒアルロン酸を注射しています。まだ2回しか打っていませんが、良くなっている実感もありません。それでも続けた方が良いのでしょうか?(52歳 女性)
標準的な治療としては、週一回5回続けて注射します。効果を実感しないのであれば5回を超えて続ける必要はありません。

人工ひざ関節置換術を考えるタイミングは?

私は現在、左ひざの片側の軟骨が減っています。人工関節を左ひざだけ入れる手術を検討するように言われました。歩くのはあまり支障がないためいつ手術を決断すればいいのでしょうか?また手術と身体障害者手帳の関係を教えてください。(68歳 男性)
膝痛で活動範囲が狭くなり、手術以外の方法があまり効かない場合は手術を考えるタイミングです。現在、人工関節手術で術後経過が順調であれば、身体障害者に該当しません。

認知症の場合の手術は?

77歳の母が重度の変形性膝関節症で、先日、手術をすすめられました。
母には認知症があり、ステージは中等度です。番組の中で「認知症患者には手術はあまりおすすめできない」と言われておりました。主治医の先生は「認知症患者でも手術している人はかなりいる」とおっしゃいますが、実際どのようなリスクがあるのでしょうか? (49歳 男性)
認知症で手術が適さないのは、治療のことを理解していただけなかったり、ご本人の意志が確認困難な場合です。ご質問の方のように中等度の認知症で、ご本人を含め、ご家族の理解もあるようなら問題ありません。

ひざの異音

55歳頃から、膝屈曲時に、痛みを伴わない「パリパリ」「プシプシ」音が聞こえますが、これは軟骨がすり減ってきているためでしょうか?ネットで調べても変形性膝関節症の症状として「痛み」「こわばり」などしか載っていません。この音が聞こえ始めた頃、膝立ちをした際、膝に荷重がかかったためか、膝がヒリヒリしたことを覚えています。数年後には同じ動作をしてもヒリヒリ感はなくなり、今は音だけです。(67歳 女性)
関節の音の原因は諸説ありますが、はっきりしたことは分かっていません。基本的には、音が鳴るだけで症状を伴わなければ心配不要とするのが主流です。

高齢の場合の手術は?

83歳になる母は、変形性膝関節症で、痛みが強くやっと歩ける状態です。2~3週間に一度、ヒアルロン酸注射をしていますが、効果はありません。軟骨がもうほとんどない状態で、痛みをとるには、手術しかないと医師から言われています。ただ、高齢でもあるため、手術すべきか悩んでいます。(51歳 女性)
他の整形外科の医師の意見も聞いて、手術を勧められるようなら、手術が適していると思われます。

再生医療の見通しは?

内視鏡による半月板や関節軟骨の手術を左右とも3回行っております。次回は、人工関節も視野に入れるようにいわれました。内側、外側ともに傷んでいるため骨切り術はできないそうです。軟骨再生医療の見通しを教えてください。(55歳 男性)
現時点では、ご相談者のようにかなり進行した変形性関節症に対する軟骨再生医療はまだ相当時間がかかるものと見込まれます。しかし、外傷にともなう軟骨欠損に対しては、もう既に再生医療が行われています。外傷性の軟骨欠損を修復すれば、将来的な変形性関節症の予防が可能となりますが、外傷性でも関節全体に軟骨が変性摩耗している状態には適応になりません。

正座はしてもかまわない?

私は軽度の変形性膝関節症で、日常生活では全く不自由はありませんが、山登りをすると、上りは問題ありませんが、下りで右膝が痛くなります。質問は正座をしている時に痛みを感じなければ正座をしても良いか、しない方がよいかをお尋ねしたいです。書道のお稽古で、できれば椅子ではなくて、正座をして練習したいと思っています。また、茶道でも正座をする機会があります。(65歳 女性)
痛みを感じなければ正座しても構いません。

もっと知りたい!運動

脚上げ運動で、重りを2キロつけて、やっていますが、効果は、あるでしょうか?ウォーキングは、1回何分くらいを目安にやったらいいでしょうか? (52歳 女性)
重りをつけて脚上げ運動を行うと、より効果的に筋力を鍛えられます。ウォーキングは30分程度を目安にするとよいでしょう。

関連する病気の記事一覧

きょうの健康

病気や健康に関する質問を募集!

最近放送したテーマに関する質問を募集しています。
現在、募集中のテーマは「質問を送る」ページでご確認ください。
※各テーマの募集期間は約2週間とし、予告なく終了いたします
※すべてのご質問にお答えできるわけではありませんので、ご了承ください