Q&A 慢性すい炎

目次

慢性すい炎のよくあるご質問
すい石治療後の注意点は?
すい臓が石灰化 薬はこれでよい?
すい臓が石灰化 がんが心配
投薬と検査 このままでよい?
背中のどこが痛む?
すい石除去の時期は? すいのう胞の治療は?
すいのう胞 除去は必ず必要?
消化酵素の値が高い 専門医にいくべきか?

慢性すい炎のよくあるご質問

すい石治療後の注意点は?

昨年末、慢性すい炎と診断され、すい石があるため、35日入院して衝撃波とステントによる治療を受けました。たばこもアルコールもたしなみませんが、今後の生活で気をつけることを教えてください。(55歳 男性)
最も大切なのは、すい炎を悪化させる危険因子を取り除くことです。アルコール、たばこ以外には睡眠不足、不規則な生活や食事、脂肪の多い食事などがあります。規則正しい生活と消化のよい食事を心がけましょう。
すい石の治療では、すい管が非常に狭くなっている場合、内視鏡を使ってステントを留置し、すい管を広げることがあります。ステントは長期的には内腔[くう]が詰まって すい液の流れを保てなくなるため、3か月から6か月で交換します。
なお、2年以上の長期経過に関しては、外科手術のほうが内視鏡的な治療に比べ腹痛軽減や栄養状態改善により効果がある、という信頼性のある研究があります。したがって、ケースバイケースですが、すい管狭窄[さく]が解除できずに1年以上ステントを留置しないといけない場合や、ステントを留置していても腹痛などの症状が起こる場合には、外科手術が考慮されます。
外科手術の場合、一般的には、すい管にそって切開をいれ、小腸と吻[ふん]合する、すい管ドレナージ手術を行います。長期的にはより安定した治療効果(腹痛消失、栄養状態改善、すいがん予防)が得られると考えられています。

すい臓が石灰化 薬はこれでよい?

慢性すい炎と診断され10年以上です。3か月に一度は血液検査をしています。
薬はたんぱく分解酵素阻害薬だけです。2年前、すい臓に9ミリの石灰化が見つかりましたが、医師は「炎症の後が石灰化しただけなので、薬はこれまでと同じでよい」と言います。番組を拝見すると、ほかにも薬があるようですが、このままでよいでしょうか?
また石灰化とは、すい石と同じものですか?(61歳 女性)
石灰化=すい石と考えてよいでしょう。太いすい管やすい管の分枝のような細いすい管にすい石ができるのが、すい石症です。例外もありますが、一般に慢性すい炎が進行してすい臓の消化力が落ちるころから、すい石が現れ始めます。
10年以上前から慢性すい炎と診断され、たんぱく分解酵素阻害薬を内服していて、2年前に石灰化が初めて見つかったとのことですから、慢性すい炎としては比較的早期に発見され、薬が効いていて、すい炎の進行を遅らせていたと考えられます。
たんぱく分解酵素阻害薬は、慢性すい炎の早期に炎症を抑えることによって、すい炎の進行を抑える働きが期待できます。すい石があっても まったく症状がない場合は、今の治療で様子をみてよいと考えます。
すい石のためにすい液の流れが悪く、すい管が太くなったり、すい臓の萎縮が進むようであれば、すい石ができた場所にもよりますが、治療が必要となる場合もあります。定期的にエコーやMRI(MRCP)やCTなどの画像検査を受け、悪化しないかどうか経過をみることをおすすめします。

すい臓が石灰化 がんが心配

36歳のころ急なやせが起こり、原因不明の慢性すい炎と診断され2か月ほど投薬を受けました。その後特に治療していませんが、かぜなどの機会に血液検査をすると血清アミラーゼ値が若干高い状態が続き、最近は139~148u/l(基準値44~132)です。また、ことし6月に呼吸器科で胸部から上腹部のCTを撮る機会があり、すい臓に石灰化があると言われました。
番組で、慢性すい炎は すい臓がんのリスクが約12倍と聞いて危機感をおぼえました。専門の科で診てもらったほうがいいですか?また、慢性すい炎は早期なら進行を遅らせる可能性もあるとのことですが、石灰化している状態だとどうですか?
なお、昔から飲酒・喫煙はせず、和食中心の食生活です。糖尿病を指摘されたこともありません。(58歳 女性)
CTで診断されたすい石の程度にもよりますが、すい臓内の石灰化であれば慢性すい炎である可能性は高いと考えます。まずは一度 消化器の専門施設で詳しい検査を受けることをおすすめします。
また、アミラーゼはすい臓だけでなく唾液腺でも作られる消化酵素ですから、血清アミラーゼが少し高いことの意義づけはなかなか難しいです。すい臓に特異性の高いリパーゼやトリプシン、エラスターゼなどのすい酵素の血清の値を調べることが大切です。
また、症状がない場合でも、長期的には進行することがありますので、58歳という年齢から考えても、石灰化が見つかったことをきっかけに、消化器の専門施設で定期的に検査を受けられることをおすすめします。

投薬と検査 このままでよい?

アミラーゼ高値・体重減少・みぞおちの痛みが1年以上続いたため、慢性すい炎が進んでいるのではと心配し、2年前の11月、かかりつけ医に紹介された大学病院でMRI検査を受けました。
「すいのう胞があるものの、がんは認められない」との診断でした。さらに去年11月には超音波内視鏡検査を受けましたが、同様の結果でした。
現在、かかりつけ医で3か月ごとに腹部エコー検査、2か月ごとに血液検査を受けています。5月にはアミラーゼ170、リパーゼ74、トリプシン682の高値でした。腹部エコー検査では小さなすい石が多く認められました。また、脂肪便の臭いが強く、7年前に56キロだった体重が現在は47キロで、がりがりにやせています。
薬は毎食後にたんぱく分解酵素阻害薬と消化酵素配合剤をのんでいます。ビタミン剤は使っていません。このままの投薬と検査を続けていればよいものでしょうか?(58歳 女性)
すい臓に小さなすい石が多数認められるとのことですから、慢性すい炎の診断は確実です。血清すい酵素値が少し高く症状もありますので、すい臓の炎症は持続している、あるいは起こりやすい状態にあると思われます。
脂肪便は、悪臭のあるぎとぎとした大量の便です。食物中の脂肪が消化吸収されないことが原因で、慢性すい炎でも、すい機能が10%前後まで低下しないと起こりません。すい外分泌不全の徴候である脂肪便が確かにあり、体重が減っているのであれば、消化酵素が十分に働いていない可能性があります。
現在内服されている消化酵素配合剤では、このようなかなり進んだ慢性すい炎の消化吸収改善には不十分です。内服消化酵素量を増やし、効きをよくするために胃酸分泌抑制薬を併用するか、より効果の高い高力価パンクレアチン製剤であるパンクレリパーゼの内服をお勧めします。パンクレリパーゼ600mg(4錠または2包)を1日3回、食直後に内服します。
また、糖尿病がないかどうか、断酒や禁煙など生活習慣が改善されているかどうか、適切な食事をとり十分なカロリーが得られているか、全身的に悪性腫瘍などがないなどを調べる必要があるでしょう。消化器の専門医、あるいはすい臓を専門とする消化器医に相談されるようおすすめします。
すいのう胞については、それが慢性すい炎によるものか、大きさ、形、すい管との交通などの詳しい検査が必要です。最近、すいのう胞でも腫瘍性ののう胞が見つかる機会が増えていますので、こちらもすい臓の専門施設で詳しい検査を受けられるようおすすめします。

背中のどこが痛む?

慢性すい炎では背中が痛むこともあるといいますが、背中のどのあたりが痛みますか?(42歳 男性)
人によって多少違いますが、右手を背中にまわして手の甲があたる領域を中心とした痛みが多くみられます。「腰」の痛みと表現されることもあります。

すい石除去の時期は? すいのう胞の治療は?

エコー検査で多くのすい石が見られます。すい石を除去すると痛みがおさまり消化機能も向上するということなので、治療したいと思っていますが、どの時期に除去するのがいいですか?また、超音波内視鏡検査で「のう胞はあるが、がんではない」と言われています。のう胞を小さくする内科的または外科的な治療を受けたほうがいいですか? (71歳 男性)
すい石があっても腹痛などの症状がない場合には、原則的には治療を行わず経過を見ることが多いです。治療はあくまで症状をとるために行います。
また、すいのう胞については、その大きさ、形、すい管との交通から、炎症性のう胞なのか、腫瘍性のう胞が疑われるのかによって方針が異なります。
この方の場合、超音波内視鏡が行われていますので、すい臓の専門施設での診断と考えます(すい臓の専門施設かどうかは、すい臓の超音波内視鏡検査を日常的に行っている施設かどうかが一つの目安)。慢性すい炎の治療を行うかどうか、すいのう胞を治療するかどうか、経過観察の方法、期間などは担当の医師に相談されるとよいでしょう。

すいのう胞 除去は必ず必要?

7年前から毎年、超音波検査で単発性すいのう胞と診断されています。以前は6mmで現在は10mmです。しかし自覚症状はなく「定期的に検査して様子を見ましょう」と言われ、病気だとは理解していませんでした。
番組では、慢性すい炎の治療法にすいのう胞の除去があるということでしたが、除去は必ず必要なのですか? (72歳 男性)
10mmほどの小さな単発性ののう胞で、7年間で6mmから10mmに変化しているのであれば、すぐに治療の必要はないと考えます。慢性すい炎のすいのう胞というよりは、細いすい管の腫瘍性のう胞(IPMN)の疑いから定期的な検査をすすめられているのではないかと想像します。主治医の先生に、炎症性のう胞なのかIPMNなどの腫瘍性のう胞なのか、のう胞の種類や性質についてよく説明を受けることが大切です。
IPMNによる腫瘍性のう胞の場合、多くは良性ですが、のう胞の大きさ、形、のう胞の中のコブのでき方、主すい管の太さの程度など、いくつかの要素について経過をみていきます。

消化酵素の値が高い 専門医にいくべきか?

4年前から現在までリパーゼ(81〜95)とP型アミラーゼ(73~86)の高い状態が続き、たんぱく分解酵素阻害薬を1日3回のんでいます。また、急にやせてしまい、身長158cmで46kgだった体重が今は40kgです。食事は普通にとっています。番組で「早期治療をしたほうがいい」と言っていましたが、専門医のいる病院に行った方がいいですか?(70歳 女性)
慢性すい炎に限らず、体重減少は消化器病の大切な臨床所見です。急にやせたとのことですから、なぜ、急にやせが起こったのか、詳しい検査が必要です。特に、すい酵素が高い状態が4年前から続いているとのことですから、すい臓に腫瘍性病変がないかどうかなどの詳しい検査を、専門の施設で受けるようおすすめします。
すい臓の専門施設の目安として、小さな病変を見つける能力が高い、すい臓の超音波内視鏡検査を日常的に行っているような大きな病院の消化器内科を受診されるとよいでしょう。

関連する病気の記事一覧

きょうの健康

病気や健康に関する質問を募集!

最近放送したテーマに関する質問を募集しています。
現在、募集中のテーマは「質問を送る」ページでご確認ください。
※各テーマの募集期間は約2週間とし、予告なく終了いたします
※すべてのご質問にお答えできるわけではありませんので、ご了承ください