【Q&A】女性ホルモンが関与する乳がん イソフラボンの摂取は控えたほうがよい?

更新日

女性ホルモンが関与するタイプの乳がん患者です。
その場合、女性ホルモンとおなじような働きをするイソフラボン(大豆、納豆、豆乳等)はあまり摂らない方がいいのですか?
1日にどのくらいとっていいのですか?薬はタスオミンを飲んでます。(49歳 女性)

専門家による回答

イソフラボンと乳がんの発症や再発とは相関関係が認められていないので、通常の食生活でかまいません。

(2016年11月9日(水)放送関連)