乳がんは早期発見で9割が完治する! 検査方法やなりやすい人を解説

更新日

約9割が完治できる!? 乳がんのできる部位を知ろう

乳房の断面図

乳がんとは、乳腺組織にできるがんです。乳房には、小葉という母乳を作る組織と、小葉で作られた母乳を乳頭まで運ぶ乳管がありますが、乳がんが発症する場所は約90%が乳管で、5~10%が小葉です。
乳がんは、女性がかかるがんのなかで最も多く、患者数は年々増加しています。ただ、一方で、近年は乳がんの手術が進歩し、また乳がんのタイプ分けの研究が進んで、タイプごとに効果的な薬を使えるようになってきました。そのため、早期の段階で適切な治療をすれば、約9割が治る病気です。

こんな人は要注意! 「乳がん」になりやすい人とは?

乳がんになりやすい人

乳がんになりやすい年齢は、40代後半~50代と考えられています。また、乳がんの7割が女性ホルモンのエストロゲンが関係しているため、エストロゲンの分泌が高くなる月経の回数が多い人ほど、乳がんになりやすいといえます。
初潮が11歳以下、初産が30歳以上、出産経験がない、閉経が55歳以上といった人は、乳がんになる可能性が高いので、とくに注意が必要です。また、飲酒や喫煙、肥満なども乳がんを発症する要因なので、併せてご注意ください。

セルフチェックのやり方とチェック頻度

乳がんは、体表にできるがんのため、自分で見つけることができる数少ないがんの一つです。月に1回は、自分で乳房にしこりや変形がないかどうかをチェックすることをおすすめします。

セルフチェックを行うときは、上半身裸で行います。入浴時、石けんをつけて行えば滑りがよくなるため、見つけやすくなります。閉経前の人は、乳房が張っていない月経後、4日~1週間ほど経ってから行うとよいでしょう。
乳がんによるしこりは、多くの場合、触れるとくるみのように硬くてゴツゴツした感触です。一方、乳がん以外の病気によるしこりは、グミのように軟らかくて動くことが多いようです。ただし、気になることがあったら、医療機関を受診しましょう。
チェックの仕方は下記の手順で確認します。

セルフチェックのやり方

  1. 鏡に向かって腕を上げ、変形や左右差がないかをチェックする
  2. 放射線状、または渦を描くように手を動かして、しこりの有無をチェックする
  3. 仰向けになり、乳房の外側から内側へ指を滑らせ、しこりの有無をチェックする

医療機関での検診・検査の方法 乳がん検査の3つの種類

現在、乳がんの検診は、40歳以上の人であれば2年に一度、自治体で受けることができます。この検診ではマンモグラフィが使用されますが、自治体によって超音波検査(エコー)も併せて受けることができます。

マンモグラフィによる検診

マンモグラフィ
石灰化

マンモグラフィは、乳房のしこりのほか、カルシウムの沈着による石灰化がないかどうかを確認します。多くは良性ですが、1か所にたくさんの石灰化が集まっていたら悪性が疑われます。石灰化は触診をしても、しこりとして確認できないので、マンモグラフィでしか見つけることはできません。

超音波検査(エコー)

乳房の断面図
乳腺濃度

乳房に超音波をあてて画像を調べるのが超音波検査(エコー)です。2015年に発表された東北大学の大規模な調査研究によると、マンモグラフィと超音波検査を併せて行えば、乳がんの早期発見率は約1.5倍になるということが明らかになりました。じつは、マンモグラフィではがんが見つけにくいケースもあるのです。

乳房の小葉と乳管は、併せて乳腺といいますが、乳腺はマンモグラフィに白く映る一方、しこりも白く映ります。乳腺の濃度が高い人がマンモグラフィの検診を受けても、しこりは見つけにくいのです。
50歳未満のアジア人の約8割は、乳腺濃度が高いといわれているので、50歳未満の人や授乳経験のない人などは、マンモグラフィだけでなく超音波検査も受けたほうがよいでしょう。

遺伝学的検査

遺伝学的検査

乳がんの5~10%は、遺伝性によるものと言われていますが、最近、この遺伝性による乳がんの発症リスクを調べる遺伝学的検査が行われることもあります。
遺伝学的検査は、血液を採取して、乳がんと乳腺がん、どちらの発症にも関係しているBRCA1とBRCA2という2つの遺伝子の変異を受け継いでいるかどうかを調べます。

遺伝学的検査にかかる費用は、保険適用外のため約20万円と高額です。プライバシーにも関わる検査のため、検査前に遺伝カウンセリングを受けられる施設もあります。
遺伝カウンセリングでは、最初に家族構成や病歴などをヒアリングすることで、おおよその発症率を推測します。ほかにも、遺伝子の変異があっても必ずしも乳がんになるわけではないといった、遺伝性乳がんの知識を得ることができます。

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2017年8月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    あなたのための乳がん大解説「早期発見」