文研ブログ

文研フォーラム

文研フォーラム 2016年02月09日 (火)

#7 文研フォーラム紹介③ 新しいアクセント辞典、もうすぐ出来上がります

メディア研究部(放送用語・表現) 塩田雄大

日本語発音アクセント辞典という本があるのをご存じでしょうか。
私たちNHK放送文化研究所の放送用語グループで編集しているものです。

ラジオ放送が始まったころ、話しことばとしての日本語は、全国でさまざまなものが使われていました。
原稿を読むアナウンサーの発音・アクセントも人によってまちまちであったようで、
放送開始当初から、音声面での日本語を整えてもらいたいという意見が寄せられていました。

そして、1943(昭和18)年に、初めての放送用のアクセント辞典が出されました。
このころ、「放送文化研究所」はまだできていませんでしたが、
日本放送協会内に放送用語を専門に取り扱う部署があり、ここで時間をかけて編集したのです。

アクセント辞典は、一度作ったらそれで終了、というわけにはいきません。
ことばというのは変化するものなので、
その時代その時代の日本語の実態をふまえた上での、辞典の改訂作業が必要なのです。
1943(昭和18)年のアクセント辞典は、その後1951(昭和26)年、1966(昭和41)年、
1985(昭和60)年、1998(平成10)年版と、4回の改訂作業を重ねてきました。

0209-1.jpg 【1943年版~1998年版のアクセント辞典】

0209-2.jpg 【1943年版のアクセント辞典】

今回新しく出るアクセント辞典は、5回目の改訂作業を経て生まれた、6冊目のアクセント辞典ということになります。
正直、我々としても気合が入ってます。

改訂作業はまだまだ進行中なのですが、
3月2日(水)、「新・NHKアクセント辞典 ポイント解説!」(NHK文研フォーラム2016)と題して、
今度のアクセント辞典がどんなものになるのか、どんな変更を、どんな方法で施したのか、お話ししようと思っています。

アクセント辞典は、放送に出るアナウンサーだけでなく、
朗読奉仕や外国人向けの日本語教育に携わる方々、外国人留学生、役者さんなど、
「日本語」を扱ういろいろな方面で使っていただいています。
ほんとうに嬉しく、またちょっぴり誇らしく感じます。

声優さんも、そのヘビーユーザーであると聞いています。
                                                         

それが声優! 〔歌:イヤホンズ(高野麻里佳/高橋李依/長久友紀) 作詞:あさのますみ〕
 …
人生は甘くない 夢だけじゃ生きていけないよ
だけどどんなに無謀な賭けでも やっぱり大好き
さあ準備です 台本 のどあめ アクセント辞典
向かいましょう スタジオへ!
                                                         

改訂作業は、決して楽ではありません。
つらくなったときは、この歌を聞いて、最後の力を振り絞っています。というのはぼくだけですが。

文研フォーラムの参加お申し込みはこちらからどうぞ↓

0209-22.jpg

文研フォーラム 2016年02月05日 (金)

#6 文研フォーラム紹介② 「これからのテレビ」はどこに向かうのか?

メディア研究部(メディア動向)村上圭子

「テレビは危機的状況にある。」「いやいや、テレビはやっぱり大丈夫。
放送業界やそれを取り巻く人々の間では、日々そんなやりとりが続いてきました。

しかし、そもそも「テレビ」というのは家のリビングのテレビのことなのか、
それともテレビ番組のことなのか、番組を制作する放送局のことなのか、
テレビビジネス、もしくは業界のことなのか、
視聴者も含めたテレビを取り巻く全てを指すものなのか。
何が危機的で何が大丈夫なのか、そこがきちんと整理されて議論されていない、
だから将来像も描けないのではないか、
そう思って私が始めた研究が、「これからのテレビ」を考える、というものです。
ここでいう「テレビ」とは、視聴者も含めたテレビを取り巻く全てを指しています。
とにかく、テレビに関するありとあらゆる最新の動向を観察し、可能な限り俯瞰することで、
社会にとってのテレビの存在意義、テレビにしかできない役割について、
業界や業界に関連するみなさんとはもちろんのこと、
視聴者のみなさんとも一緒に考えてみたい、そう考えています。
放送研究と調査」の2月号では、私が2012年から取り組み、不定期で連載している
「これからのテレビを巡る動向を整理する」Vol.7を掲載しています。
放送局の動画配信サービスと、
NetflixやAmazonなど、
新しく始まった放送局以外の動画配信サービスの関係。
0205-1.png
2018年から実用放送の開始が予定されている、
衛星基幹放送での4K・8Kの行方や、
総務省の「放送を巡る諸課題に関する検討会」についても触れています。

また、3月1日に開催する「
文研フォーラム」では、
総務省の放送行政担当の吉田眞人大臣官房審議官をお招きし、
東京オリンピック・パラリンピックを超えた2030年に向けたテレビ・放送のあり方について考えます。

参加されるみなさんから事前にご意見をいただきながら、
できるだけ幅広い議論ができればと思っています。
平日ではありますが、是非お時間ある方は、足をお運びください。
お申込みは、こちらから。

 0205-2.png

 

文研フォーラム 2016年02月04日 (木)

#5 文研フォーラム紹介① OTTはメディア産業をどう変えるか

メディア研究部(海外メディア研究) 柴田 厚

こんにちは。文研の海外メディア研究グループでアメリカを担当する柴田厚です。
ITやメディアに関心のある人なら見逃せないCES(Consumer Electronics Show)の今年の大会で
ビックリする発表がありました(1月6日・ラスベガス)。
去年、日本にも上陸したあのNetflix新たに130か国でサービスを開始し、
合計で世界190か国で事業を展開するというのです。

あわてて外務省のHPを見てみました。
すると国連の加盟国数は193と書いてあります。
なんとNetflixは“世界をほとんど全部網羅する”ということになります。

発表と同時に公開された「Netflixが見られる国々」をご覧になった方もおられるかと思いますが、
ほとんどが真っ赤に塗られています。

どんなに大企業でも、ふつうは「世界百何か国で一斉に事業を拡大」って、なかなか考えられませんよね。
もちろん、我々のうかがい知ることのできないところでNetflixの大変な企業努力があるのだとは思いますが、
それを可能にしてしまうのがインターネットを使ったサービスなのだと、改めて思い知らされました。

Netflixのような動画配信サービスは、アメリカでは「OTT(Over-the-Top)サービス」と呼ばれ、
既存のテレビの制作・配信のあり方や視聴習慣、ビジネスモデルを大きく変えるものとして大変注目されています。

そこで、来月(3月)1日からの『NHK文研フォーラム』のシンポジウムでは、このOTTを取り上げます。
欧米の事業者などを招いて、彼らのグローバル戦略、放送への影響などを議論します。

さらに、“Netflixの世界地図”には真ん中あたりに広くぽっかりとあいた国があります。
そうです、中国です。シンポジウムでは、中国も含めた主要国の最新事情も報告します
今後のメディアのあり方を大きく左右する可能性のあるOTTについて、ぜひ一緒に考えてみてください。
(NHK文研フォーラムのお申し込みは
こちら

文研フォーラム 2016年01月26日 (火)

#2 弥生三月、文研フォーラム、時の研究家?

メディア研究部(メディア動向)吉田直久

弥生三月桃の節句の時期、わが文研も年に一度の”お祭”を迎えます。
ご近所の氏神様、愛宕神社の神輿でワッショイ!じゃありません。
NHK文研フォーラム」が開催されるんです。
研究分野が幅広い文研だけあって、このフォーラム、とにかく中身がてんこ盛り、しかも濃密。
メディアの先の先まで見通してる研究員や放送史の生き字引、話し言葉の達人に世論調査のエキスパート、
多士済々の面々が日頃の研究成果をずずずいっ!とお披露目します。
すべてのプログラムはこちらからご覧ください。
もちろん無料で参加できますが、事前の申し込みが必要です。
その受付は2月2日(火)から始まります。
フォーラム2016ロゴ.png

その中で、個人的にお勧めは5年に一度行われる「国民生活時間調査」の報告発表
1960年から続くこの調査、今年で12回目になります。「日本人は何に時間を使っているか」。
高度経済成長からオイルショックにバブル絶頂、その崩壊。
その都度毎に日本社会の有り様を「生活時間」の視点から見つめてきたユニークな調査です。
その結果は日本のさまざまな研究や調査で紹介され、利用されています。
今回、この調査報告に合わせて最適のゲストをお呼びしました。
”時の研究家”織田一朗さん。大手時計メーカーに26年勤務。退職後も「時と時計の研究」を続けてきました。
日本人と時間を見つめて半世紀。
このスペシャリストが最新の調査結果をどう読み解き、日本人の生活の変容をどうみるのか?興味津々です。

文研フォーラム 2016年01月20日 (水)

#1 文研ブログ、始めます! 

メディア研究部・中尾益巳

みなさん、はじめまして。文研ブログです。

と言っても、このブログを読んでいるどれだけの方が
この「文研」についてご存知なのかわからないので、まずは自己紹介をします。
文研の本名は、NHK放送文化研究所。実は誕生はかなり古く1946年。
太平洋戦争が終わった翌年に作られ、今年でちょうど70年を迎えます。
そしてその文研が何をやっているのかと言うと…
非常に多岐に渡るのでこの場で全てを説明することは不可能です。
と言うか、それをお知らせするためにこのブログを作った訳なので、
皆さんにはこのブログをボチボチ読んでいただきながら
「ブンケンってどんな人がどんなことやってるの?」ということを知っていただければ幸いです。
で、とりあえず、皆さんにお知らせしたいことが3つあります。

その1)このホームページが新しくなりました!

文研の設立70周年を記念して?という訳ではないのですが、結構リニューアルしています。
と言ってもこれまでこのページをご覧になった方はそれほど多くはないかもしれませんが・・・。
遅ればせながらスマホ対応にしたり(まだ一部ですが)、
検索の仕方を改善したりと、ちょっと使いやすくなっていると思います。
そしてそのリニューアルの目玉として?新しく作ったのがこのブログです。

その2)NHK放送
博物館が新しくなります!

文研NHK放送センターのある渋谷ではなく、港区愛宕にあります。
そしてその近くの愛宕山(自然の地形の山としては東京23区内で最高峰 標高25.7m!)
頂上にあるのがNHK放送博物館
博物館.jpg
かつて初期のラジオ放送所だったこの地では、
放送の歴史や古くからの機材、番組ライブラリーを公開してきましたが、
このほど展示を一新し、1月30日にリニューアルオープンします。
博物館ホームページはこちらですが、このブログでも見どころをご紹介していきます。

その3)文研フォーラムが開かれます!

文研が行っている放送やメディアに関する研究や世論調査などの成果は
月刊誌「放送研究と調査」(通称“月報”)や「NHK放送文化研究所年報」(もちろん“年報”)で
発表しています。このほか毎年春には公開の研究発表会を開いています。
それが「文研フォーラム」です。
フォーラム2016ロゴ.png
開催は3月1日(火)〜3日(木)で参加無料です。2月2日から参加受付が始まります。
詳しくはこちらをご覧ください。プログラムの内容はこのブログでもご紹介。
発表やシンポジウムの担当者が見どころをPRしますので、
興味を持った方は是非お申込み下さい。

このブログ、文研の研究員が交代で書き、週2回を目処に更新していきますが、
みんなが忙しい場合は、一応ブログ編集長の私、中尾が担当します。
ではこれからどうぞよろしくお願いいたします。