【Q&A】耳鳴りとめまいがあり、メニエール病と診断された

更新日

13才の夏休み、朝起きると、右耳が全く聞こえず、めまいと吐き気で起き上がることもできませんでした。
総合病院へ行き、突発性難聴と診察され入院しました。そのあと、反対側の耳も聞こえにくくなり、耳鳴りとめまいもあり、メニエール病と言われました。左耳も聴こえなくなることはありますか?(16歳男性)

専門家による回答

若年者のメニエール病・突発性難聴はまれです。また、メニエール病・突発性難聴が両側に生じることも非常にまれです。症状からは若年発症型両側性感音難聴という進行性難聴の可能性も考えられます。
これは両側の難聴に加えて、難聴の進行とともに耳鳴り・めまいなどの随伴症状があらわれる病気です。遺伝子検査ではっきり診断できるケースがありますので、大学病院等専門外来の受診をお勧めします。

(2018年3月5日(月)~8日(木)放送関連)