2018年11月 8日

2018年11月08日 (木)音が消える恐怖


※2018年10月3日にNHK News Up に掲載されました。

ある瞬間、突然、自分がどこにいるのかわからなくなる。視覚障害のある人たちは、たびたびその恐怖に直面するといいます。風や雨が強まった時、道しるべの「音」が消えてしまうため、通い慣れたいつもの場所が、見知らぬ場所のようになってしまうのです。荒れた天気の日、街角で困っている人に出会ったら、私たちに何ができるのか、考えてみました。

ネットワーク報道部記者 吉永なつみ・大石理恵・高橋大地

oto181003.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:吉永なつみ | 投稿時間:16時54分 | カテゴリ:生き方 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲