生き方

2020年08月14日 (金)新型肺炎 知っておきたい "ひじブロック" と "ねじり洗い"


※2020年2月3日にNHK News Up に掲載されました。

感染が広がる中、ネット上ではさまざまな対策が飛び交う新型コロナウイルス。マスクは手に入りにくくなり、各機関は「手洗いを!」と呼びかけています。どんな効果があるのか、それを調べていくと知っておきたいノウハウがありました。

ネットワーク報道部記者 管野彰彦・ 郡義之・ 斉藤直哉

shinn.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:郡義之 | 投稿時間:16時15分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2020年08月12日 (水)"受験生にマスクを" 広がる新型肺炎への対策


※2020年1月31日にNHK News Up に掲載されました。

2月1日から東京都内の私立中学で入学試験が始まるなど、受験シーズンはこれから本番です。
しかし、新型のコロナウイルスの感染が広がっていて「もしも感染してしまったら」と受験生や保護者からは不安の声も。
広がる試験会場での対策を取材しました。

ネットワーク報道部記者 和田麻子・松井晋太郎

jyukenn.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:和田麻子 | 投稿時間:17時41分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2020年08月03日 (月)世界はマスクを求めてる


※2020年1月29日にNHK News Up に掲載されました。

新型肺炎の感染拡大で一気に需要が高まったのがマスクです。
SNSを見ると、不足を見込んで高値で売ろうとする動きから日中の友好関係に関するコメント、さらには賛否両論があったマナーの見直しまでさまざまなことが起きていました。

ネットワーク報道部記者 橋本知之・野田綾・ 國仲真一郎

sekai.20200129.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:野田 綾 | 投稿時間:15時43分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2020年04月23日 (木)こころから好きだ、猫 でもね...


※2020年1月14日にNHK News Up に掲載されました。

今も続く猫ブーム。SNSにも、映画やCMにも、いたるところに猫、猫、猫。飼い主は愛猫をかわいいと思うからこそ、ついちょっかいを出してしまいますが、嫌がっている猫がかんでくることもありえます。考えてみませんか、ペットにかまれるリスクを。

ネットワーク報道部記者 大窪奈緒子・ 斉藤直哉

koko.20200114.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:大窪奈緒子 | 投稿時間:12時27分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2020年04月14日 (火)痴漢に遭った私は自作のカードをつけた


※2019年12月26日にNHK News Up に掲載されました。

私が痴漢に遭ったのは、楽しみにしていた高校入学からわずか2日目で、以来私は通学することさえ苦痛になり、自分が自分でなくなりました。

だから私はこのカードをつけて、電車に乗ることにしました。
まわりに変な女だと思われたでしょうけど、それでもよかったんです。

痴漢にさえ遭わなければよかったんです。
それほどつらかったんです。

ネットワーク報道部記者 大石理恵・ 井手上洋子

chikann.191226.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:大石理恵 | 投稿時間:13時23分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2020年03月19日 (木)男の子がスカートはきたいと言ったら?


※2019年12月11日にNHK News Up に掲載されました。

男の子は青、女の子はピンク。
子どもの洋服やおもちゃの色、それって誰が決めたんでしょうか?
男の子が「スカートをはきたい」と言ってはダメなんでしょうか?
いま、さまざまな現場で性別にとらわれず自分らしい生き方を選ぶ人たちが増えています。
令和の時代に広がる「ジェンダーレス」とは…

ネットワーク報道部記者  管野彰彦・ 野田綾・ 石川由季

otoko.191211.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:管野彰彦 | 投稿時間:12時21分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2020年03月10日 (火)更新されないアカウント...でも


※2019年11月29日にNHK News Up に掲載されました。

「ツイッターのアカウントが消えちゃう!?」
そんなツイートがネット上を駆け巡りました。ツイッター社が、長い間使われていないアカウントは順次、削除していくと明らかにしたのです。しかしこの方針は、あっという間に撤回されました。どうして?背景にあったのはたくさんの利用者の声でした。更新はされなくても、“そこに存在するだけでいい”。そんな大きな意味を持つアカウントがいくつもあったのです。

宇都宮放送局記者 田中絵里
ネットワーク報道部記者 和田麻子・野田綾・ 郡義之

koushinn.191129.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:和田麻子 | 投稿時間:11時12分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2020年02月18日 (火)生きづらい... 発達系女子の"トリセツ"


※2019年11月19日にNHK News Up に掲載されました。

私って、なんか周りと違う。そんな、違和感や生きづらさを小さいころからずっと抱えてきた。自分はいつまでも不幸なんだと思っていた。でも、“あのとき”から私は変わり始めた。そして今は、胸を張って幸せだって言える。長い間ひきこもってきた、発達障害のある女性の話です。

ネットワーク報道部記者 高橋大地

iki.191119.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:高橋大地 | 投稿時間:13時31分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2020年02月13日 (木)兄は恥だった


※2019年11月15日にNHK News Up に掲載されました。

ひきこもっている兄がいる50代の男性の言葉です。
自分にも人生がある。自分の家庭だってあるから、もう正直関わりたくない。でも、だからといって関わりを絶っていいのだろうか…。ひきこもり当事者のきょうだいは、親たちとはまた異なる悩みや苦しみを抱えながら生きています。その心の声をたどりました。

ネットワーク報道部記者 高橋大地

ani.191115.1.jpg

【続きを読む】

投稿者:高橋大地 | 投稿時間:14時49分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

  

2020年01月28日 (火)「親の育て方が悪いのよ」苦しんできた


※2019年10月29日にNHK News Up に掲載されました。

「親の育て方が悪いのよ」。
ひきこもりの子どもを持つ70代の母親が苦しめられてきた言葉です。
しかし、その背景には親も本人でさえも気付かなかった発達障害が関係していたことが分かりました。必要なのは家族の理解でした。

ネットワーク報道部記者 管野彰彦

oya.191029.1.jpg

 



【続きを読む】

投稿者:管野彰彦 | 投稿時間:10時08分 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲