2015年7月 7日

2015年07月07日 (火)早産児への理解とサポートを


高齢出産の増加などで、妊娠37週未満の「早産」で産まれる赤ちゃんが増えています。早産児は、感染症にかかりやすかったり、乳幼児期の発育に時間がかかったりすることがありますが、医師や早産の子どもを持つ親などが、どのようなサポートが必要かについて話し合う会合が、6月、東京で開かれました。souzan1.jpg

【続きを読む】

投稿者:清有美子 | 投稿時間:08時00分 | カテゴリ:子ども・子育て | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック(0)

ページの一番上へ▲