2017年12月08日 (金)【大分】チャリオ、秋の大分でおめかし


城下町でも知られる佐伯市。

佐伯城からスタート
お手紙を読んだ佐伯城三の丸櫓(やぐら)門。
江戸時代に築かれたそうです。


バスを降りて出発準備していると、

チャリオ、おめかししてもらう
久しぶりにチャリオくん、
「おめかし」してもらってました!
正平さんが見つけたクサギの実
です。

 

 

 


この日のお昼ごはんは・・・

ごまだしうどん
佐伯市の郷土料理
「ごまだしうどん」を
いただきました。

 

 

 

 

ご家庭ごとにレシピがある”ごまだし”
かまぼこの材料にも使われる
魚のエソをいりごま、しょうゆなどで練り上げた「ごまだし」をよく混ぜていただきます。
佐伯では、ご家庭ごとにレシピが
ある調味料なんですって!

 


 

今夜7時からは・・・

<今夜7時のとうちゃこ版>
行く手を阻む長いトンネル、上り坂、向かい風・・・
小学校近くの波止場とは?
7時から、お楽しみに!!

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

 大分編 「渡り蟹釣」に感動しました。同僚の故郷を訪ねて旦那が器用に釣をされたそうです。火野正平さんも良く、投稿者の言う通りに訪問されました。旦那さんが寝言にも申されたそうで、よほど、心に深く感銘、されたのでしょう。番組を視ました、私も、感動の極みでした。

  有難う 御座いました。!!!

投稿日時:2018年03月02日 16:40 | 澤野雅彦

「正平さん、スタッフのみなさん、おはようございます」
今朝、↓京子さんのコメントを発見!!
なんだか、嬉しくなりました。
視聴率50%は、紅白以上。笑
投稿者だけではなく、その周りの人々も幸せな気持ちにしてくれている「こころ旅」、、、いい番組!!
これからも応援しますよー。\(^o^)/

投稿日時:2017年12月12日 05:22 | REIKO

竹野浦河内の波止場への旅は長く友情の絆で結ばれた美里子さんと京子さんのご関係に素敵!羨ましい!と思いながら拝見しました。お手紙を聞くとその時の情景が想像できますね。大鍋で湯がいた残酷だけど美味しいワタリガニ。おおらかな人々が暮らす小さな漁村はその雰囲気通りだなと思いました。冬の寒空にリアス式海岸の風景が美しかったです。
ランチのご当地メニュー「ごまだしうどん」も美味しいでしたね。

投稿日時:2017年12月11日 11:06 | ゆきぱん

こころ旅、いつも主人と二人で、笑ったり、喜んだり、時には思わずツッコミを入れたりしながら、毎朝夕に、まるで一緒に旅してる気分です。行った場所は懐かしく、知らない地はこんな所があるんやーと、毎回、番組の中に入り込んでます(笑)時々、自転車のメンバーさんや、Bカメさん達、どんな方々かしら?と、今回は、トンネルから出た時に、メンバーの方々がアップで写ってましたので、思わず、ご苦労様ーって(笑) なんか、自分が映ったように嬉しかったです。ありがとうございました。今回の旅も、もう、後 2県で終わりますが、春の旅も、楽しみにます。

投稿日時:2017年12月11日 00:06 | AKO

大分県人だからかなぁー? 大分の「こころ旅」最高でした。
お手紙の方ありがとうございます。
そして、こころ旅にして下さった、正平さん、スタッフの皆様に
感謝感謝です。
又も又も来てほしい、そして古里を離れて、頑張っている人にひとときの
やすらぎを届けてほしいと思います。
いつまでも、いつまでも続きますように~もちろん正平さんでなければ‼

投稿日時:2017年12月10日 23:56 | モマとよ

お隣大分県の旅楽しませて頂きました。
とってもおしゃれなコートを着こなして(正平さんだから似合う!!)可愛いブーツも素敵でした。
10号線を南下されたような行程でしたね。
「ごまだしうどん」一度食べてみたいと思ってます。ごまたっぷりで美味しそう。
昨夜のとうちゃこの高ーい所からの景色。とても良かったです。
地元の方々たくさん見て頂けたようで感動でしたね、きっと。。
12月に入り寒さが厳しいこの頃。氷が張った朝もありました。
いよいよ2つ県。どんなこころの風景にあえるかなぁ。
楽しみに楽しみに正座して月曜日待っています。

投稿日時:2017年12月09日 14:05 | 栗かぼちゃ

チャリオ君がおめかしされていたの、ブログで知りました。くさぎ可愛い植物ですね!
「あ”~食べたい~」と、おうどんの画面を娘と絶叫気味に観ておりました。軽快に走るバス。正平さんの姿。こころたび

投稿日時:2017年12月09日 09:17 | momoko

 美里子さんのユーモアーのセンスと

正平さんの合いの手がプラスされ 大笑いに変わる楽しさ!

「ワタリガニ残酷物語」は 地獄行きだそうです(大笑い)

風の強い日 トンネルの中にも風が入るのですね。

河内の波止場も 風が波を騒がせ カニの姿はありませんが

青い空に白い雲がポッカリ浮かび 山並に囲まれた

海の深い青さに なんと美しい所なのでしょう!!

監督さんと同じ名前の「ごとう食堂」での語らいにも笑いあり。

大分の旅は 正平さんの冬のファッションショーです。

今日もゴールドのコートと黄色の小物のセンスの良さに…。

 笑いのある・・・楽しい旅・・・ありがとうございます!

投稿日時:2017年12月09日 08:49 | とんがり姉さん

海の側を南下した大分県の最終日、風、坂、トンネルと、お疲れ様でした。河内の波止場の波立ち方「海版風の足あと」で風の強さがよくわかりました。
今日一番目を引いたのは、轟峠で、バスを降りた時、周辺の黄葉と正平さんのウェアリングがみごとに溶け合っていた画面です。日差しのせいもあって、何か神々しいものを感じました。
ワタリガニはいなかったけれど、静かに暮らしておられる人たちの穏やかな対応が心地いいですね。ラストの海と山と集落の画面も、澄んだ空気でクッキリと、ガイドブックにはない美しさでした。
宮崎県との県境はすぐそこに。どの街から旅が始まるのか、楽しみです、お気をつけて。

投稿日時:2017年12月09日 08:09 | pon

今回の大分は、海を堪能しましたが、最終日の蒲江町竹野浦河内の風景が正に絶景。
海の近くなのに急峻な山々が連なり、ダム湖のような風景でした。

ゴトウ食堂のごまだしうどん、食べてみたいです。
さりげなく、テレビ画面が「わろてんか」になっていたのは、今年のはやりことば忖度でしょうか。
食堂の皆さん方の気遣い、お見事。

投稿日時:2017年12月09日 06:43 | ヒロリン

いいお手紙でいい景色でした。ワタリガニには会えませんでしたが。。。
前日のひゅうが丼やきょうのごまだしうどん。ごまが効いているようでどんな味なのでしょうね。
(カープファンだと以前に伺いましたが合ってますか?)後藤監督と同じ名前の食堂の方々も優しそうでしたー。
あと2県。正平さんが年明けから他局のドラマに出られるらしいと聞き、お姿を見ることができそうですがこころ旅のみなさんと会えなくなるのはさびしいなー。ゴールまで見届けますよ!☆

投稿日時:2017年12月09日 04:48 | るる

今日は峠のてっぺんのバス停からスタート(もっと下からでも構わなかったのにって、強がりも聞こえましたが…)昨日も今日も、上り坂回避で輪行と、優しい監督さんたちですね。今日の難敵は風‼︎ 向かい風でスピードもダウン。 途中の上り坂の長いトンネルの中まで吹く風に、こころ折れそうでしたね。風に煽られて転倒されるのではないかと心配でした。その風から「海に風の足跡がついている」の正平さんの名言も聞けました。 残念ながら波止場で、ワタリガニの姿は見つかりませんでしたが、こころの風景が、Bカメさんからの映像で、リアス式海岸の素晴らしい絶景地だと見せてもらいました。晴れの日で良かったですね大分県の旅は、3日間は海でそれぞれ表情が違いましたね。温泉での入浴シーンもあり楽しかったです。 さて、宮崎県は、どこへ連れて行ってくださいますか。メモリアルもあり楽しみが増えます。

投稿日時:2017年12月09日 02:05 | ぶらうにぃ

こんにちわ 12月8日大分県佐伯市の旅で、笠島美里子さんのお手紙の中の京子さんです。美里子さんから、「NHKから電話があったのよ」
の言葉にびっくりすると同時に、九州、東京にいる友人、地元東郷町では
知っている人すべて、自治会までお知らせし、それはそれは我が地域では視聴率50%は間違いない状態でした。笑
熊本地震で大変な目に遭っている友人からLINEが入り、「こころ旅観たよ。嬉しかった。地震は大変だったけど、健康に感謝している。地震の後、所々に亀裂が入っているけど、阿蘇の雄大な姿を眺めているよ。正平さんにも来てもらいたいな」と書いてありました。宮崎、鹿児島編が終わると、しばらく正平ロスになります。85歳のいとこのおばばがすっかり正平さんのファンになりました。スタッフの皆さん、チャリオ君、そして正平さん、少しだけ休んでね。そしてまたお願いします。

投稿日時:2017年12月08日 22:31 | 岡澤 京子 

強風のトンネル‥
チームの方達のホッペも、真っ赤
地元の方も、ゆらっと揺れてたような
海も、ホントに、風の足跡
待ち時間もあるBカメさん、寒さで大変だったでしょう。
知らない大分を、いっぱい見ることができました。
正平さん、チームの皆さん、Bカメさんありがとうございました。

投稿日時:2017年12月08日 21:35 | kimiちゃん

 今日のお手紙で紹介された、高いところからの漁村の風景は素晴らしかったです。Bカメさんの撮影、さすがプロですね。
 ごとう食堂でのランチ、後藤監督さんがお支払い。
 来週の宮崎も楽しい旅を期待しています。

投稿日時:2017年12月08日 21:25 | ココア

696日目の旅、観たよ。
「蒲江町竹野浦河内の小学校近くの波止場」
犬を連れた家族を撮ってあげましたが、良い記念になったでしょう。
後藤謙造監督にふさわしい食堂があり、面白い展開でした。
火野さんに対し声がいいですねは時々、ありますね。
エソという魚、ネットで調べました。
海に風の足跡の表現、しゃたけ山を思い出しました。
上からのリアス式海岸にある波止場の眺め
のどかさを感じました。
今週もお疲れ様でした。

投稿日時:2017年12月08日 20:51 | ももの爺

初冬は、お天気が良くても気温が低く風が強かったりして、
こころ旅隊の走行は、大変だったことでしょう!
トウチャコ地も風が強く、海面も風の足跡が出きていました。
ここで40年前は、ワタリガニがバケツ一杯とれたんだぁ〜、
と 思いながら見ていました。
ご主人様がもう一度行きたがっていた、竹野浦河内、、
その気持ちが分かる気がします。
Bカメさんが映し出してくれた、トウチャコ地点の
風景が良かったです。大分県お疲れさまでした ^_^

投稿日時:2017年12月08日 20:37 | ひよこ豆

撮影しておられる時に、たまたま私達も佐伯の蒲江に行っておりました。自転車の五人組の方が蒲江の道の駅あたりで停車されていましたね。友人が気付いて教えてくれました。せっかくの機会だったのに、素通りしてしまったのが残念です。来週から宮崎県だそうですネ。
どうぞお身体に気をつけて、こころ旅を続けてください。応援してます。

投稿日時:2017年12月08日 20:13 | ネコ隊長

時々見るこの黄色い長靴を見ると水溜りを見つけるとジャブジャブ入って行く雨の日の幼かった息子を思い出す。黄色いキャップに素敵な藍紺色の手袋。今日も100%オシャレ紳士。
後藤監督の日に「ごとう食堂」を選択。ブログに「ごまだし」に付いて補足されていたがご当地ならではの味は想像するしかない。「わ〜〜良い声ですね・・・」って。ですよね。正平さんと直ぐ分かる。風除けになるのかと思ったトンネルは吹き抜けて行く向かい風に上り坂。散々でしたね・・・。美里子さんご夫婦がお出でになった頃とは河内の風景も、5mもの槍で渡り蟹を突いたと言う波止場も変わってしまってるようでちょっと残念かも・・・
でも、Bカメからのキラキラ輝く海の風景の美しい事。美里子さんのもう一度見たい・・・という思いが叶って良かったです。温泉一つ、海三つ。大分の旅もお疲れ様でした。

投稿日時:2017年12月08日 19:40 | GUREKO

大分の旅、お疲れ様でした。
まさか別府駅に行くアーケードを走ってたなんてびっくりしました。

日出に津久見にと沢山の思い出できましたね。

今日の佐伯の放送もお手紙読む前に地図を出して手紙読むしぐさしたり、信号の押しボタンを中々押さずに相変わらずいたずらっ子の正平さん、そんな正平さんが大好きです。

佐伯名物のごまだしうどんは本当に美味しいので食べてくれて大分県民としても嬉しかったです。
上り坂を頑張って上がってた正平さん、強い風、長いトンネルと試煉を乗り越えてた姿に感動しました。

大分の旅お疲れ様でした。

投稿日時:2017年12月08日 19:38 | ムーミン

大分県の海岸がこんなに凸凹とは・・
初めて知りました。
ワタリガニのカマユデ・・残酷。しかしうまいだろうな!
むかしむかし、小学生のころは家の横の用水路にモクズカニが
柿の葉が黄色になるころ、流れにのって一晩にバケツ1杯くらいは下ってきました。
それをカマユデにする。カマの温度が高くなるにつれカニがごそごそ動き出す。つぎの瞬間ナベのふたを持ち上げるのでそれを抑えるのが小学生の私の役目。
残酷・・・石川ノ五右衛門!!わたしも行く先は正平さんの言うところでしょう。
しかしうまかった!!!
もう2県。楽しみにしています。水さん見ませんが風邪でも・・・!?

投稿日時:2017年12月08日 16:19 | さぬきうどん

久しぶりの日射しが見えますが、空気も冷たそうにも‥
太陽に照らされ、輝いているようにも見えるゴールド色のコート
幾何学模様のマフラーも、ピリッときいて、華やかコーデ。
たくさんのコートのバリエーションも、凄く楽しませて頂いています。
写真に、「ひまだから、おいで‥」って、こういうチョットした場面で、人柄がにじみます。
正平さんのさりげない優しさが、カッコいいですよね~!
意表つかれました。トンネルを出たら、両側に住宅街!
とうちゃこでは、大変なトンネルに、出会えそうですが‥
ラストデイの大分、皆様くれぐれも気をつけられて下さい。

投稿日時:2017年12月08日 15:20 | kimiちゃん

正平さん九州大分へようこそ。
当方も佐伯市の海岸線の鶴見町と言う田舎町を離れて40年が過ぎました。
大分県へのこころ旅を楽しみにしていました。
画面から拝見する海の景色は、私のふるさとと変わりなくとても懐かしく思います。
奈良からは中々帰る機会は少なくなりましたが、来年久しぶりに帰ってみようかと。
体の気をつけて旅を続けて下さい。
今夜のとうちゃこ版楽しみにしています。

投稿日時:2017年12月08日 12:48 | 池田

   大分県の旅も今日で終わりですね。
未だ訪れたことのない私。毎日が新鮮で、楽しみにしています。
この頃監督さんが、とても優しくなり、山や、丘、からのスタート
人生下り坂、最高の場面が多いですね。
正平さん、最終日の今夜は、大変そう、長いトンネルが、向かい風
来週からも待ってます。ゴールも近いです。お元気で

投稿日時:2017年12月08日 11:10 | 産地は埼玉です

歴史を感じる立派な佐伯城三の丸櫓門。地図を広げてお手紙のふりをする、正平さんの小さなボケに、違います違いますと慌てる監督でしたね。 メガネ、キャップ、ブーツのイエローが可愛いです。だんだん厚着のモコモコで身体は暖かそうですが、地べたにお尻を下ろしてお手紙は、冷えますよーと画面に向かって言ってしまいました。。 ごまだしうどん。魚の出汁に胡麻ダレ、どんな味だろう⁇ プラスの炒飯も美味しそうでした。 押しボタン信号の、ピッと効果音まで出して、休憩していた正平さんにスタッフさん騙されちゃいました? 昨日は、高鍋監督が、愛媛県の放送を見て、毎日、坂、階段を反省したそうですが、今日の後藤監督もバス輪行が優しいと思ったら、トンネルで三重苦。正平さんは大変だけど、楽しく面白い番組です。 波止場で、カニはゲット出来るでしょうか?それよりサポートカーに5mの槍、ありましたっけ?

投稿日時:2017年12月08日 11:03 | ぶらうにぃ

「正平さん、スタッフのみなさん、おはようございます」
応援メッセージは、途切れ途切れですが、毎日見ていますよ。
佐伯市は行ったことはないですが、城下町なんですね?
いい雰囲気の街ですね?
今朝の美里子さんのお手紙、切なくも、温かいお人柄が分かるようなお手紙でした。
人との出逢いや別れ、身に沁みます。
さて、カニはゲット出来るのでしょうか??
とうちゃこ版が、楽しみです!!

投稿日時:2017年12月08日 09:16 | REIKO

私も趣味の教室で出会った10歳年上の方と30年近く懇意にしてもらっている。今朝の美里子さんのお便りに友情に歳は関係ないのは良く分かる。彼女の故郷も大分県。帰省されると椎茸などの乾物や地元の菓子などを頂戴する。が、ご実家の話は聞いてもお邪魔する事は頭に浮かばなかった。美里子さんと京子さんの友情の深さがお便りから溢れ出ている。
5mもの竿で突く渡り蟹漁。ご主人様にはその手応えや海の香りや居心地良かった京子さんのご実家での思い出が忘れられなかったんですね・・・。叶わなかった再訪問を正平さんにたくされた美里子さんのご主人様への思いが文面から良く伝わりました。
「冬ですね〜」の正平さんのつぶやき。冷たい空気を吸い込んでの走行はハードな事だろう。予告では行く手阻む・・・との文字が・・・ラストの大分、しっかり見なくては(^^)

投稿日時:2017年12月08日 08:49 | GUREKO

今日の正平さんのコート
月曜版で見た時から いつ着られるのかな~と
楽しみにしていました(*^-^*)
黄色いキャップとブーツのコーディネートもバッチリ(^_-)-☆ですね。

大分県は あまり厳しいコースは無いな~と思ってましたが
来ました 長いトンネル 上り坂 向かい風・・・(-_-;)
苦しいコースをたどって見える景色は どんなのでしょう。
とうちゃこ版 楽しみにしています(^^)/

投稿日時:2017年12月08日 08:39 | norinorimiffy

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2022年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

バックナンバー