2015年06月16日 (火)いよいよ東北に!


開業100周年の小川郷駅
福島県初日は、開業100周年を
迎える小川郷駅からスタート。
いよいよ東北の旅が始まります。

 

スタート前。

サラダで食べられるカボチャをいただきました。

地元の方からかぼちゃを頂きました。
サラダにして食べて、とのこと。
ありがとうございます<(_ _)>

 

 

 

 

 

83歳のおじいさんと会いました。
休憩中、農作業していたおじいさんと会いました。
高齢になったので果樹園を半分つぶして、畑にしたとのこと。
髪も黒々フサフサ・・・とても83歳とは思えませんでした。元気を頂きました!(^^)!

 

 

 

磐城高校の通学路


<今夜7時のとうちゃこ版>
お手紙の場所に着くころは、
ちょうど磐城高校の下校時間。
「高月講習会」への道は・・・
今夜7時からの「とうちゃこ版」
でたっぷりと!!

投稿者:担当ディレクター | 投稿時間:08:00

応援メッセージ

磐城高校のOBです。毎日欠かさず見ています。
私はかろうじて現役で大学に進学しましたが、親友が高月講習会にお世話になり、夏休みで帰郷した際には、ラグビー部の後輩の様子見もかねて、講習会で勉強に励む?親友に会いに来ていました。
当時は、磐城高校は男子校で、同じく進学校の磐城女子高校の再受験組みも加わり、なんだか楽しげな男女共学校の印象で少し羨ましい気持ちにもなりました。
今では、磐城高校は男女共学となり、通学路に女子高生がいるのがすごく違和感を感じますが、昔懐かしい風景を、磐城女子高OBの奥さんと楽しく拝見させて頂きました。

投稿日時:2015年06月18日 13:22 | しも

bカメの前を黄ちょうちょが!何羽かヒラヒラと遊びながら飛んでましねー!偶然の可愛らしさに朝からほっこりしました。カメラマンさん、ありがとうございまーす!

投稿日時:2015年06月18日 08:18 | ちびシュウ

懐かしい「小川郷駅」を観ました。5歳の時に亡くなった母が通学、通勤に利用していた駅です。母は、この小川町で有名人だったらしく、きょうだい(私の伯父たち)が交替で迎えに行っていたとか。70年前の話しですが。父もこの町で生まれだった人です。「小川郷駅」父も母も正平さんが走った方向に歩いて帰っていたのでしょう。
両親の遺影に向かって、正平さんが「小川」から「赤井」、「平」(いまの「いわき駅)に走っているよ。と何度も声をかけてしまいました。
母を5歳、父を12歳で亡くしたため、施設で暮らしこととなりましたが、今は、福島県の県南地区で妻と2人の子どもと暮らしています。
遠方から来た妻にも私のルーツを話せてうれしかったです。福島は、元気です。今回は、福島を横断ですね。楽しみにしています。

投稿日時:2015年06月17日 13:03 | じんべい

高校の横に予備校?的な講習会が有るとは珍しいなぁと思い拝見しました。
あの環境は確かに現役生に対して複雑な感情を持ちますね。
ちょうど下校時間にさしかかって、恥ずかし気に歩く正平さんとチームこころ旅御一行様
クスッとなっちゃいました。「火野正平さんですかぁ!?」と元気に爽やかに声をかけてきた女子高生さん。
お手紙のように今も何てことが有る道なんだろうなぁと思います。

投稿日時:2015年06月17日 11:13 | ゆきぱん

とうちゃこ版、磐城高校に到着 すぐ近くに予備校があるなんて・・ちょっと驚きです。みなさん、静かに通りすぎて、シャイなのかな?でもでも~テレビで見てると小躍りして喜ぶ生徒さんの姿(^◇^)嬉しかった私です。

投稿日時:2015年06月17日 00:26 | モワ

福島の旅、始まりました。
いわき市の高校生のすがすがしさに、嬉しくなりました。
その笑顔の裏で、震災以来色んな思いを味わっていらっしゃるのだろうなと思うと、若い皆さんの明るい未来を願わずにはいられません。
明日からも楽しみです。

投稿日時:2015年06月17日 00:07 | 山口

いよいよ東北の始まりですね。その最初がいわき市、最南端。北海道までまだまだありますね、頑張ってください。
予備校への道は、つらそうでも有りましたが お手紙は、楽しんでいるような、不思議さを感じました。
また、福島の高校生の元気のないことシャイなのかな。(あの子を覗いて)

観光地化しないのが、こころ旅の好きなところです。
これからも各地を見せてくださいね。
北海道まで元気に行ってくだい。

投稿日時:2015年06月16日 23:44 | ヒガラくん

お手紙の方より ほぼ同じ世代なので
大平内閣の解散とか ジョンレノンが亡くなったとか
思い出がリンクするところがありました。
こころ旅チームが お手紙通り通学路を歩いておられる様子は
正平さんもおっしゃっていましたが
ちょっと恥ずかしい気持ちが伝わってくるようで
意味は違うけど お手紙の方の気持ちもなんとなくわかる気がしました。

突風が吹いたり 大雨が降ったり
悪天候を聞くたびに 無事に走っておられるのか気になります。
どうか お気をつけて 旅を続けてください。


投稿日時:2015年06月16日 21:57 | norinorimiffy

私は福島県の郡山市に住んでいます。
今日の朝版のいわきの旅の放送は観られたんですが、
とうちゃこ版は天候が悪くて観られませんでした。
土曜日の再放送を楽しみにしています。

正平さん66歳おめでとうございますm(__)m
身体に気をつけて頑張ってください!

投稿日時:2015年06月16日 21:30 | Ramune

今日も午後からあちこちで大雨警報とか注意報が速報で流れたが道中ご無事でありますように・・・ いよいよ、東北突入。蛙の詩人、草野心平さんの故郷からの出発。早速「もうちょっとで◯野◯平=火野正平・・」「確かに・・だんだん見えてきました(^^;;」なんて優しい和気あいあいチームだこと。人生の岐路のお便りのように「どっち?」「どっちでも行けます」の選択が⭕️だったのか?だったのか。足パンパン後のBSも見ない。7:30には寝てしまうお爺さん。誰でも歳を取ると白髪になると思ってたが、まあ黒髪で若々しいこと。でも、正平さんには今のスタイルが一番!! 見慣れたし(^^;; 整然と帰宅する県立磐城高校生に逆らって歩くのは気恥ずかしかっただろう。浪人経験有りの夫もこの道を通うのはちょっとキツイな〜って苦笑い。35年前と変わらない風景は懐かしかっただろうな〜

投稿日時:2015年06月16日 21:07 | GUREKO

福島一日目の旅、川畑さんのこころの風景がしみじみと伝わってくるお手紙でしたね。磐城高校といえば、神奈川県民の私が忘れられないのは、甲子園での決勝戦です。桐蔭学園対磐城高校の試合に感動し、高校野球ファンになりました。ですから、とても親しみを感じた今日のこころ旅でした。
正平さんを見つけて、すぐに駆け寄ってきて、ポンと肩をたたいた女子高生も、正平さんの質問に、のみ込みよく受け答える女子高生も、何だか、とても、微笑ましい!すごく、いいなあって思いました.
正平さん、2011年から、ずっと見ていますよ。アルバイトで演じた?又吉役も良かったですね。正平さんのキャラを投影していて、面白かったです。
旅の安全を祈りながら、これからも応援しています!

投稿日時:2015年06月16日 20:58 | みどり

今日から、福島県ですね。お天気、曇ってて、雨降りそうでしたが、お天気に、恵まれましたね。田植えも終わり、のどかな、農道を走り、でも、案山子というのでしょうか?顔だけが、棒に、つきささってて、怖かったです。色んな案山子が、あるものです。
高速道路の、側道をはしり、街中にでて、お手紙のかたの、思い出の道を、歩かれ、絶対旅行では、行くことのない、道を、旅する、正平さんが、いつも、羨ましいです。色んな方と、話され、色んな情報が、はいり、私も、見ながら、へー
ふーんと、独り言を言いながら、見てます。心の旅、まさしくその通りです。
いつも、一者に旅をしている感じで、楽しんでます。
明日は、どんなたびになるんでしょ。⁉️わくわくです。

投稿日時:2015年06月16日 20:48 | まゆ

こんばんは(*^_^*)
福島の旅 1日目 さすが磐高 伝統校ですね。
後輩のために先輩がたの 応援が あるのでしょうね。
今 こちらは 雷雨の まっただ中です!!
こころ旅 ゴレンジャーの皆さん
無事に 旅を続けておられるかしら?
心配な梅雨の 毎日です。
くれぐれも お気をつけて走って下さい。

投稿日時:2015年06月16日 20:46 | 紅八朔

441日目の旅、観たよ。
「高月講習会と通学路」
大平内閣ハプニング解散とか
ジョンレノン死去の話から時代を感じていました。
昭和一桁おじさん、味がありました。
BSつけたかな?
私は近くの高校へ入れず、そこへの通学生と反対方向へ
通学するはめになり、今回の投稿者さんと同じような
気分の時代を過ごしました。

投稿日時:2015年06月16日 20:44 | ももの爺

草(火)野 心(正)平の故郷、東北・福島に入りましたね
草野って言う苗字は福島なのかな?私が行ってた会社の上司も福島だった
高校生でも無い大学生でも無い時間って、どんなのでしょう、お手紙の人よりずっと年上の、進学しなかった私には判りません
丁度下校時間で学生と向き合う方向に歩くって恥ずかしいな、、ってそうですよね
また、校門までの道、大きな木は銀杏?かなり低いところで切られてて少し違和感があり、、
「見てますよ正平さんって」女子高校生に肩を叩かれた気分や如何に、、、
初日の福島、日本の原風景全開でした

投稿日時:2015年06月16日 19:46 | mio

「正平さん、スタッフのみなさん、お疲れ様です」
今日は、スタッフさんの「ハァハァ」がよく聴こえていました。坂は誰でもシンドイですよね?
今日のお手紙の「講習会」、わが母校の高校にもありました。
「補習科」といっていましたが。
私は、頑張って勉強した思い出もないのですが、高校生活を思い出すと、なんだか胸が苦しくなるのです。受験競争とかいわれた時代でした。
今の高校生は、伸びやかで微笑ましいです。

投稿日時:2015年06月16日 19:37 | REIKO

正平さんのお召し物(?)が、いつも素敵です。

スタイリストさんのセンスかしら?

今日の紺の上下も、よくお似合いでした。

(特別番組で、メーカーさんを教えてほしい)

手紙を読む、正平さんの後ろから後光が照らしていましたね。

お手紙の主さんも、喜んでいらっしゃることでしょう。

投稿日時:2015年06月16日 19:32 | とも☆

福島に入りましたね。福島は父の実家があり、小さい頃車や新幹線を使ってよく行きました。もうおばあさんもおじいさんも亡くなり、東日本大震災の原発の影響で今は立ち入りが出来なくなっています。今はどうなっているんだろうと思います。親戚も避難を余儀なくされているようです。
今週の福島の旅、小さいときに行った田舎の思い出を感じながら見ようと思います。

投稿日時:2015年06月16日 19:29 | まあ

火野正平さん、同行されるスタッフの皆さま、毎日欠かさず正座しながら拝見してます。今日から、福島県ですね。楽しみです。坂道になると、景色は良いところでも、大変さが伝わってきてとても申し訳ない気持ちになります。ですが、図々しくも自分も一緒に自転車に乗った気分になり、風を切り、楽しめるので、嬉しいかぎりです。特に気に入った場所は録画して見ています。九州に住んでいる人間にはあまり縁のない東北の旅をとても楽しみにしています。これから夏の暑い季節になりますので、くれぐれも無理はなさらないように、休憩時間を充分に取られて、水分も摂りながら収録されてください。秋の旅は九州に来られるので、とても喜んでおります。今晩のとうちゃこを楽しみにしています。気の利いた文章が書けなくてすみませんでした。

投稿日時:2015年06月16日 16:57 | 九州☆圭子

正平さん、スタッフの皆さん、ようこそ宮城県へ‼
旅の様子を拝見していると、他県にいる家族や友達が思い浮かんできます。
もしかして、誰か出てきたりして…なんて。
人との出会いって、素敵ですよね。そんな私の心も、一緒に旅させていただいてます。宮城県仙台から応援してます!頑張って下さい!

投稿日時:2015年06月16日 12:54 | ほりうち

正平さん、66才のお誕生日おめでとうございます!
レトロな可愛い駅小川郷駅で、お手紙の後「…やめられませんなぁ~」の一言に“バンザイ”と声を挙げたい程嬉しく、この言葉だけで1日明るく過ごせますね。
いつも無論お顔に疲れを微塵も見せず、飾らないスタイルと然り気無い優しさをとうして、見ている人に笑顔 や、時には感動の涙で心を動かされる正平さんの「こころ旅」
番組を拝見しながらの応援しか出来ない一視聴者ですが、正平さんが1日でも長く続けてくださることを熱く熱く願っています。

投稿日時:2015年06月16日 12:50 | kimiちゃん

人生を変えた忘れられない場所「高月講習会と通学路」って、高校~予備校にかけて通った道なんですね
私は進学せずの就職だったので、予備校が高校の横にあるのが普通かどうかも判らないんですが、流石に現役の3年生と卒業した4年生が一緒に通学って言うのは厳しい世界でしょうね、また、そこに出勤簿があるのも面白いです
途中にあった畑の「脅し」は鳥用、獣用?、何か人間用のような気がしたのは私だけかな?
また、自転車の経路に選択肢を与えられると、坂があっても文句が言い辛い??監督の狙いだっ?
夕方のとうちゃこ版、現役高校生との会話もあるみたいで、楽しみにしてます

投稿日時:2015年06月16日 12:30 | とむさん家

正平さんの 「やめられまへんな〜」の お言葉
嬉しいです〜!!
だから くれぐれも体に気をつけて下さいね〜
なんといっても 正平さんあっての 「こころ旅」
ですからね〜〜(^.^)

投稿日時:2015年06月16日 12:07 | エンジョイコ

正平さん、スタッフの皆様。今頃はどの辺りにお出ででしょう・・・昨夜からのNEWSでは群馬の突風被害の様子が流れています。今日もひき続き不安定な天気ちのこと。どうぞ、お気を付けて。 さて、福島の初日は66歳になってもダンデイなお姿で「やめられまへんな〜(^^)」発表でご登場。分かれ道の選択。監督や、新井カメとの和やかな会話が当たってたのかしら?「足、パンパン」って(^^;;休憩タイムの白髪も出ないお爺さん、正平さんのこと何歳と思ったのでしょう(^^;; 手の白い物はタバコかな? 二人でタバコ休憩だったのかな? 突然の取材って照れてたのに「いいよ〜」って笑顔の良い表情。その後の正平さんの「♫ちょうどいい」の歌詞も良い〜(^^) 我が家は夫も子供達も呑気な浪人組。負け惜しみかストレートで入るよりこの苦しみの方が大事な経験だったとか。とうちゃこ楽しみにしてます。

投稿日時:2015年06月16日 09:12 | GUREKO

チームこころ旅の皆さま おはようございます!
いつも感動の旅、ほんとうにありがとうございます

  正平さん お誕生日おめでとう\(^o^)/
 66歳だからこそできる こころ旅
正に いつやるの!今でしょう! ですネ
「やめられまへんな」の一言が嬉しかった(^^♪
旅を続けるごとにその思いは強くなるかもですね(*^^)v
私もこちら側から、チームの一員として応援し続けまっせ~

投稿日時:2015年06月16日 08:43 | こころおごじょ

 正平さんお誕生日おめでとう!
今日改めて思いました、5人で走っているけれど後ろの4人は交代があるが、正平さんはずっと先頭を走り続けているんだと。
 朝、夜、土日、毎回かかさず、見逃した時はオンデマンドで、何がこんなにまで私を惹きつけるのだろうと考えてみると、視聴者の心に残る場所を見させていただくこと以上に、自然(花・虫・動物など)に出会えた時の正平さんのリアクション、走っている時のつぶやき、カメラマンとの会話が大好きなんだと、これからもワクワクさせてくださいね。

投稿日時:2015年06月16日 08:33 | ひでちゃん

ページの一番上へ▲

カテゴリー

カレンダー

2019年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

検索

バックナンバー