糖尿病の治療1 のみ薬 薬で血糖値を下げる

更新日

糖尿病ののみ薬

糖尿病ののみ薬
糖尿病ののみ薬

糖尿病の薬には、のみ薬と注射薬があります。のみ薬は7種類に分かれ、どの薬にも血糖値を下げる効果がありますが、下げる仕組みはさまざまです。
ビグアナイド薬チアゾリジン薬は、インスリン抵抗性を改善して、インスリンの効きをよくする働きがあります。肥満がある糖尿病の人によく使われる薬です。
スルホニル尿素薬、速効型インスリン分泌促進薬、DPP-4阻害薬は、すい臓からのインスリン分泌を促進する薬です。これらの薬は、インスリン分泌低下がみられる糖尿病の人によく使われます。
α-グルコシダーゼ阻害薬は、小腸で炭水化物がブドウ糖などに分解されるスピードを遅くして血糖値の急な上昇を抑えます。
SGLT2阻害薬は、最も新しいのみ薬で、ほかの薬とは異なり腎臓に作用する薬です。血液中のブドウ糖を尿の中に多量に排出させることで血糖値を下げます。

糖尿病の薬による低血糖に注意

糖尿病の薬による低血糖に注意

糖尿病は、血糖値が高くなる病気なので、薬で血糖値を下げますが、薬が効き過ぎて血糖値が低くなり過ぎることがあります。この状態を低血糖といいます。
低血糖になると、まず空腹感、脱力感、冷や汗、ふるえ、動悸などの症状が現れます。血糖値がさらに下がると、頭痛、吐き気、目のかすみ、集中力低下なども起こります。もっとひどくなると、意識障害、けいれんなどに至ります。
インスリン分泌を促進する薬のうち、速効型インスリン分泌促進薬スルホニル尿素薬は低血糖を起こしやすい薬です。DPP-4阻害薬は食後など血糖値が高くなるときにおもに作用するため、低血糖を起こしにくい薬です。

Q&A「糖尿病」はこちら