【治療を4時間半以内に行う理由】t-PA薬による脳梗塞の治療とは

更新日

血栓を溶かす薬「t-PA」

血栓を溶かす薬「t-PA」
血栓を溶かす薬「t-PA」

脳梗塞の治療では2005年にt-PAという薬が登場し、それまでの治療から大きく進歩しました。それ以前の治療では、血栓で詰まった脳の血管の再開を積極的に目指す治療法はなく、病状の悪化を防ぐ目的で脳保護薬などが使われてきました。
脳梗塞によって、脳の神経細胞が徐々に壊死すると、その周囲からは活性酸素などの有害物質が発生します。脳保護薬は、その活性酸素などの有害物質の働きを抑えて神経細胞を保護する働きがあります。
一方t-PAは、脳の血管を詰まらせていた血栓を溶かし、再び血液を脳の神経細胞に行きわたらせる効果があります。早い段階でt-PAを投与すれば、壊死の範囲を最小限にとどめることができます。t-PAの登場は、脳梗塞の治療を大きく変えたといえるでしょう。

「t-PA」で治療できない場合もある

「t-PA」で治療できない場合もある

t-PAによる治療は、脳梗塞が発症してから4時間半以内に行わないといけません。それを過ぎてから投与すると脳出血を起こす危険性が高くなるとされています。脳梗塞が起きて血流が遮断されると、その先の血管壁は血液が供給されないためにもろくなります。そこに血流が再開すると、血管が破れて脳出血を起こす危険性が高くなってしまうのです。
脳梗塞の発症から4時間半以内に医療機関に到着しても、診察、画像検査、血液検査などに1時間ほどかかるため、発症から3時間半以内には専門の医療機関に到着する必要があります。
ほかにも、「過去に脳出血を起こしたことがある」「脳梗塞の範囲が広い」「血圧が非常に高い」「大きな手術後2週間以内」「血液検査(血液の凝固機能や血糖値、血小板数など)に異常がある」といったケースでは、脳出血を起こす危険性が高いためt-PAを使用することができません。