インフルエンザ予防に効果!正しい手洗いの方法

更新日

飛沫感染とマスク

インフルエンザウイルスに感染した人がせきやくしゃみをすると、ウイルスを含んだしぶきが飛び散ります。これを健康な人が鼻や口から吸い込み、インフルエンザウイルスに感染してしまうことを、「飛沫感染」といいます。インフルエンザウイルスの感染は、主にこの「飛沫感染」によって起こるといわれており、これを防ぐためには、人ごみをなるべく避けることと、「正しくマスクを着用すること」が大切です。マスクをつけるときは、針金を鼻の形に合わせ、鼻からあごまで隙間なく覆います。また、予防に使用したマスクの外側には、ウイルスや汚れが付着しやすいといわれています。そのため、予防に使用したマスクを外すときは、外側を閉じこむようにたたみましょう。

★『インフルエンザに備える』はこちら

正しい手洗いの方法

マスクと同様に、「手洗い」も有効なインフルエンザ予防方法です。流水と石鹸による手洗いは、手についたウイルスを物理的に洗い流す効果があります。そのほかに、アルコール手指消毒剤による消毒も、インフルエンザウイルスに対しては有効です。

手を洗うときは、石鹸をよく泡立てて、

① 手のひら・手の甲

手のひら・手の甲

② 指と指の間

指と指の間

③ 指先

指先

④ 親指の周り

親指の周り

⑤ 手首

手首

をしっかりと洗いましょう。最後は流水でよく洗い流し、ペーパータオルや清潔なタオルでしっかりと水気を拭き取ります。

手洗い
手洗い

【関連記事】
★『肺炎は死因の3位!かぜ・インフルエンザ後は特に注意』

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2017年10月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら