耳が原因の「めまい」とは?

更新日

めまいの原因で多いのは「耳」の異常

めまいの原因
めまいの原因

めまいの原因として圧倒的に多いのが「耳」の異常です。脳が原因の場合には脳梗塞や脳出血の前触れとして起こることもあるため、めまいの原因を見極めることは重要です。「耳」が原因のめまいでは「意識がはっきりして、目がグルグルまわる」といった「回転性のめまい」があらわれることが多いことが特徴です。一方「脳」が原因のめまいでは「意識がぼんやりして、ふらふらと浮遊感があるめまい」を感じることが多いとされています。脳が原因のめまいでは手足のしびれ、ろれつが回らない、飲み込みが困難などの症状が伴うこともあります。

めまいには「三半規管」が関係する

三半規管

耳の奧には体の平衡感覚を司る「三半規管」があります。半円形の管が3つ集まった構造をしていて、頭を動かすと三半規管の中を満たしているリンパ液の流れが変わり、その刺激により前後・左右・上下の感覚を感じ取ることができるのです。三半規管の中に耳石というカルシウムの粒が入ってしまい、めまいを起こすのが「良性発作性頭位めまい症」です。耳石は本来、三半規管の根元の壁に付いています。ホルモンバランスの乱れなどによってもろく剥がれやすくなった耳石が三半規管の中に入り込んでしまうことで、めまいにつながるのです。
また、ストレスや疲労などが原因でリンパ液が増えすぎてしまい、三半規管とその中にある蝸牛(かぎゅう)を内側から圧迫してめまいを起こすのが「メニエール病」です。蝸牛は音を感じる器官なので、めまいとともに難聴や耳鳴りの症状があらわれるのが特徴です。
一方で、三半規管と脳をつなぐ前庭神経に炎症が起きてめまいを感じるのが「前庭神経炎」です。めまいが数日間続き、立っていられないほどの激しいめまいが起こります。

「Q&A耳の病気」はこちら

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2018年3月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら