【前庭神経炎の治療】薬物療法とリハビリ、入院について ポイント解説

更新日

前庭神経炎 めまいがする 脳・神経

前庭神経炎の治療

前庭神経炎の治療

前庭神経炎の治療では安静にすることが第一で、症状が強い場合は入院することもあります。安静にしたうえで、薬物療法とリハビリテーションを行います。

薬による治療では、前庭神経の炎症を抑えるために「ステロイド薬(内服または注射)」を使います。ただし、糖尿病や高血圧がある人は注意が必要なので、事前に医師に伝えてください。また、ステロイド薬を使用中にむくみなどの副作用が現れた場合も医師に相談しましょう。
このほか、激しいめまいを抑える「抗めまい薬」や、神経への血流を促す「内耳循環改善薬」、不安感を和らげる「抗不安薬」などを用います。

ふらつきが残ったらリハビリを

前庭神経炎では、大きなめまいの発作は一度きりですが、神経そのものが炎症によって障害されるため、ふらつきが数年にわたって続くことも少なくありません。そのため、ふらつきを改善するリハビリを行います。

リハビリの代表的なものに「顔の前で親指を左右に動かして目で追う」「顔の前で固定した親指を見続けながら頭を左右に動かす」などの方法があります。このリハビリは、前庭神経炎以外でも、めまいが慢性化している人や高齢でふらつきがちな人にも効果があります。転倒を防ぐために、日頃から行うとよいでしょう。

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    めまい 徹底解説「前庭神経炎」