羽毛やカビが引き起こす!アレルギー性の肺炎(過敏性肺炎)

更新日

アレルギー性の肺炎(過敏性肺炎)とは

羽毛についているたんぱく質「ブルーム」
画像:東京医科歯科大学 教授 宮崎泰成」

アレルギー性の肺炎は正式には「過敏性肺炎」という病名で、非常に小さい物質を吸い込むことで起こります。原因となることがある物質はさまざまですが、最も多いのが鳥のフンや羽毛についている「ブルーム」というとても小さなたんぱく質で、次に多いのが屋内の湿気の多い場所に発生する「トリコスポロン」という白カビです。

ブルームやカビによるアレルギー反応

呼吸するとき、吸い込んだ空気は気管と気管支を通り、さらに枝分かれして最も細い細気管支に入ります。その先に小さな袋状の「肺胞」があり、そこで酸素と二酸化炭素のガス交換が行われています。

ブルームやカビを吸い込むと、非常に小さいので、細気管支や肺胞まで入りこみます。それが繰り返されると、アレルギー反応が起こることがあります。つまり、ブルームやカビを異物とみなしたためにリンパ球が増加し、その結果、自分の細気管支や肺胞を攻撃してしまい、肺に炎症が起こるのです。これが過敏性肺炎です。

アレルギー性の肺炎(過敏性肺炎)の症状

過敏性肺炎の症状

肺胞に炎症が起こるとガス交換が十分に行えないため、息切れが起こるようになります。また、全身のアレルギー反応として、せきや発熱といった症状も現れます。

過敏性肺炎には、痰(たん)がほとんど出ないという特徴もあります。細菌などの感染で起こる一般的な肺炎は、それらの増殖に反応して白血球が集まり、その結果として細菌などをからめとろうとして痰ができます。しかし、過敏性肺炎は、感染ではなく、少量の異物に対するアレルギーで起こるため、白血球が反応せず痰ができないのです。

原因物質の吸引を長期間繰り返していると、肺胞の線維化が起こりやすくなります。炎症が続いた結果、肺胞がしなやかさを失い、硬くなってしまうのです。そうなると、線維化した部分ではガス交換ができなくなるため、呼吸困難を起こしやすくなります。また、肺の組織は一度壊れると元には戻らないため、回復させることが難しくなります。

肺炎が6か月以上続くと、「慢性過敏性肺炎」とされ、危険性が高くなります。中には急激に悪化して呼吸ができなくなることがあり、その場合は半数近くの人が亡くなると考えられています。また、さまざまな研究により、慢性過敏性肺炎の患者さんの10%程度に肺がんが発症すると考えられています。

Q&A「肺炎」はこちら

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2018年1月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら