椎間板ヘルニアの治療

更新日

椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアの治療の基本は薬です。主に使われる薬は、非ステロイド性消炎鎮痛薬、アセトアミノフェン、オピオイド鎮痛薬、プレガバリンなどです。多くの椎間板ヘルニアは、これらを使って痛みを抑えている間に、自然に消えてよくなっていきます。なお、痛みが強い場合は、注射による神経ブロックが行われることもあります。

馬尾型の症状があり、薬で2~3か月治療をしてもよくならない場合は、手術が検討されます。排尿障害がある場合は、後遺症を残さないためにも手術が行われます。

馬尾型の症状がない場合でも、薬で改善しなければ手術が検討されます。椎間板ヘルニアで消えやすいタイプの場合は、薬で2~3か月様子を見て判断します。消えやすいタイプでも、仕事の内容やスポーツ選手であるなどの事情で、急いで症状を取りたい場合は手術が検討されます。

後方椎間板摘出術

手術は、腰の後ろ側から器具を入れて、飛び出した髄核を切り取る後方椎間板摘出術がよく行われます。手術時間は約1時間で、1週間ほど入院します。

手術を決める際にぜひ注意してほしいのが、MRIなどの画像を見ただけで手術を決めないことです。たとえ大きな椎間板ヘルニアがあっても、症状が現れない場合があるからです。

ヘルニアがあっても症状が出ない場合も多い

最近の研究では、成人では椎間板ヘルニアを持っている人のほうが、持っていない人より多いと考えられています。ところが、椎間板ヘルニアで腰痛を起こしている人はごく一部です。つまり、椎間板ヘルニアがあるだけでは症状は起こらないのです。症状が現れるのは、椎間板ヘルニアにほかの要因が加わった場合です。研究の結果わかった要因は、神経への圧迫の強さ、仕事上の満足度の低さ、そして、うつ・不安・ストレスです。このうち、うつ・不安・ストレスなどの精神的要因は、症状を長引かせ、慢性腰痛の要因にもなります。