椎間板ヘルニアの治療 薬物療法と手術について

更新日

椎間板ヘルニアの基本は薬物療法

椎間板ヘルニアの治療の基本は薬です。

椎間板ヘルニアの薬物療法

主に使われる薬は、非ステロイド性消炎鎮痛薬、アセトアミノフェン、オピオイド鎮痛薬、プレガバリンなどです。多くの椎間板ヘルニアは、これらを使って痛みを抑えている間に、自然に消えてよくなっていきます。なお、痛みが強い場合は、神経をまひさせることで特定の部位の痛みをとる神経ブロック注射が行われることもあります。

椎間板ヘルニアの手術について

椎間板ヘルニアはどのような場合手術が必要なのか

ヘルニアが消えやすいタイプの場合

ヘルニアが消えやすいタイプであると診断された場合には、2~3ヶ月ほど薬物療法を行いながら様子を見て、手術が必要であるかを判断します。

ただし、すぐに症状をなくしたい場合には手術を検討します。例えば、旅行に行きたい、スポーツをしたい、仕事に万全の体で臨みたいなど、患者さんによっては緊急で治したいケースもあり、その場合は手術をして早めに症状をとる必要があると言えるでしょう。

馬尾症状の有無

馬尾症状がある場合、神経障害として重症であるということが言えるため、早めの手術を検討します。馬尾症状がなく、神経根障害であるといことが明らかな場合は、薬物療法で治療をします。しかしそれでもいっこうに良くならない、あるいは症状が悪くなってしまう場合には手術を考えた方が良いでしょう。

後方椎間板摘出術

手術は、腰の後ろ側から器具を入れて、飛び出した髄核を切り取る後方椎間板摘出術がよく行われます。手術時間は約1時間で、1週間ほど入院します。

手術を決める際にぜひ注意してほしいのが、MRIなどの画像を見ただけで手術を決めないことです。たとえ大きな椎間板ヘルニアがあっても、症状が現れない場合があるからです。

ヘルニアがあっても症状が出ない場合が多くあることについては、こちらの記事でまとめています。

『Q&A腰痛』はこちら