腰痛の危険度セルフチェック

更新日

腰痛の危険度チェック

多くの腰痛は、急いで受診する必要のないものですが、なかには放置すると危険な腰痛もあるので、下記にあるチェック表で腰痛の危険度を調べてみましょう。

腰痛 危険度チェック

「腰痛 危険度チェック」表の①~⑤のうち、①の「じっとしていても痛む」に当てはまる場合、重い脊椎の病気や内臓の病気の可能性が考えられるため、危険度は大です。

②の「背中が曲がってきた」に当てはまる場合、骨粗しょう症によって背骨がつぶれる圧迫骨折が起きている可能性があります。骨粗しょう症は、骨の中がスカスカになる病気で、閉経後の女性に多く起こります。50歳過ぎから背中が曲がってきたら要注意です。

③の「お尻や脚が痛む、あるいはしびれる」、④の「脚のしびれにより長く歩けない」いずれか1つでも当てはまる場合、腰部脊柱管狭さくや椎間板ヘルニアなど、腰の神経の障害が原因で症状が起こっている可能性があります。これらの病気は進行することがあるため要注意です。

の項目に1つでも当てはまる場合は、一度医療機関を受診することがすすめられます

⑤の「体を動かしたときだけ腰だけ痛む」のみ当てはまる場合、腰の椎間関節や筋肉などが原因の腰痛である可能性が高く、その場合、当面の危険はありません。ただし、症状が悪化した場合や、3か月以上症状が続く慢性腰痛の場合は、整形外科を受診することがすすめられます

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    腰痛 徹底解説「腰痛が起きたら」