IgA腎症

IgA腎症は、透析治療を受けている患者さんの約3割を占めるとみられている病気です。かぜなどがきっかけで免疫物質のひとつ、IgAに異変がおきることで発症します。多くの場合自覚症状がなく、わずかな血尿が早期発見の鍵です。