【Q&A】利尿薬は腎不全の患者に向かない?

更新日

以前、腎臓の専門医に高血圧の薬の1つとして利尿薬を処方されていました。その後、かかりつけ医を受診するようになったところ、かかりつけ医は「利尿薬は腎機能を悪化させ血中カリウム量を増やすので、すすめられない。ほかの降圧薬を増やしたい」と言います。利尿薬は腎不全の患者には不向きなのでしょうか。(80歳 男性)

専門家による回答

利尿薬には種類があり、それぞれ異なる特徴を持っていますので、一概に腎不全の患者さんに向く、もしくは向かないとは言えません。一般論として、腎不全患者さんに高度な浮腫(むくみ)や心不全、管理困難な高血圧があれば、腎機能をモニターしつつ、その患者さんに最も適した利尿薬を処方します。
ご質問の利尿薬が血清カリウム値を上げるタイプの利尿薬であれば(下げるタイプのものが一般的なのですが)、腎不全が進行してくると使用できない、もしくは使用しにくくなるカリウム保持性利尿薬と考えられますので、かかりつけ医の先生の指示に従っていただくのがよいと思います。

(2019年2月4日(月)~6日(水)放送関連)