くも膜下出血の治療(1/1ページ)

くも膜下出血は、脳の血管の分岐点などにある脳動脈瘤(りゅう)というこぶが破れて、大きな出血が起きる病気です。激しい頭痛を伴うのが特徴で、意識低下や昏睡状態に陥ることがあり、命に関わることがあります。女性に多く30~40代の若い人に起こることもあります。