COPD(慢性閉塞性肺疾患)の病気・症状解説(1/1ページ)

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、主に喫煙する人に起こる病気です。肺の炎症が進み、酸素と二酸化炭素のガス交換ができなくなるため、息切れをしやすくなったり、ぜんそくのような発作も起こります。治療の基本は禁煙です。