便が硬い、コロコロ便は注意!便の形や硬さを知って便秘を予防しよう

更新日

日頃から自分の便をチェックする

便の形と硬さ

便秘と大きく関係するのが、便の形と硬さです。日頃から自分の便をチェックするとよいでしょう。理想的な便は④で、熟したバナナくらいの形とやわらかさであれば、スムーズに排便することができます。①と②は便秘を起こす便、⑥と⑦は下痢を起こす便です。
理想の便

こちらは直腸と便の図です。直腸は横から見ると、"くの字"のように曲がっています。いきむと直腸がまっすぐになり、便が出やすくなります。④の熟したバナナくらいの形とやわらかさであればスムーズに排便できます。

便秘

①のコロコロした便や②のコロコロした便がまとまった形の硬い便になると便秘を起こしやすくなり、排便しにくかったり、直腸や肛門に便が残ってしまうことがあります。

下痢

⑥の泥状の便や、⑦の液状の便になると、排便したのに、またすぐ便意を催して排便することになります。これは液体状の便は肛門から一回ではうまく排泄されないためです。

『Q&A便秘』はこちら

詳しい内容は、きょうの健康テキスト 2018年4月号に詳しく掲載されています。

きょうの健康テキスト
テキスト発売中
購入をご希望の方は書店かNHK出版お客様注文センター
0570-000-321まで
くわしくはこちら