【二次性高血圧】薬(降圧剤)をのんでも血圧が下がらない原因とは

更新日

高血圧 原発性アルドステロン症 動悸(どうき)がする 息切れがする・息苦しい 循環器・血管

薬をのんでも血圧が下がらない二次性高血圧

二次性高血圧 主な原因

血圧を下げる薬を指示通りにのんでいるのに、なかなか血圧が下がらない場合に疑われるのが、二次性高血圧です。
二次性高血圧とは、何らかの病気によって起こる高血圧のことをいいます。一般的な高血圧とは異なり、減塩や肥満解消、運動など生活習慣を改善したり、薬をのんだりしても、血圧は下がりません。ところが、原因となる病気を治療すれば、高血圧を治すことができます。二次性高血圧は、高血圧全体の1?2割を占めると考えられています。
二次性高血圧を招く病気はさまざまありますが、なかでも多いのが副腎や腎臓で起こる病気です。代表的なものには、原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫、腎血管性高血圧などがあります。

原発性アルドステロン症

原発性アルドステロン症を疑うとき
原発性アルドステロン症を疑うとき

二次性高血圧のなかで最も頻度が高いのが、原発性アルドステロン症です。高血圧の患者さんの5~10%が該当すると言われています。
原発性アルドステロン症は、副腎に腫瘍ができたり、副腎自体が肥大化したりすることで、血圧を上げるホルモンが過剰に分泌される病気です。
原発性アルドステロン症の患者さんは、一般的な高血圧の患者さんと比べても、脳卒中や心筋梗塞、心房細動(不整脈)のリスクが非常に高く、危険な高血圧といえます。ただし、血圧が高くなる以外に大きな特徴がない場合が多いので、見逃されてしまうケースが少なくありません。
薬を3種類以上使ってもなかなか血圧が下がらない、夜中に何度もトイレに起きる、20?30代で高血圧を発症したなど、上記の表にある項目に該当する場合は、一度血液検査を受けてレニンアルドステロンといったホルモンの値を調べることをおすすめします。

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康 放送
    これを見れば下げたくなる!高血圧「薬と二次性高血圧」