かんたんごはん

  • 2024年4月12日

ツナのスンドゥブチゲ風

キーワード:
ツナのスンドゥブチゲ風

豆腐とツナ、キムチが入った食欲そそるスープです。キムチは酸味があるほうが発酵が進んでいて、コクが出るのでおすすめ。スープに春雨をいれたり、そうめんやうどん、ごはんにかけてもおいしいですよ。


料理研究家
島本美由紀さん

材料2人分

ツナ(缶詰/水煮)

1缶(70g)

絹ごし豆腐

1/2丁

ブロッコリー

80g

白菜キムチ

100g

いりごま(白)

適量

300ml

みそ

少さじ2

ごま油

小さじ1

コチュジャン

小さじ1

にんにく(すりおろす)

少々

つくり方

1.鍋に、水、みそ、ごま油、コチュジャン、にんにく、ツナを缶汁ごと入れてよく混ぜてから中火にかける。

うまみたっぷりの缶汁も入れて深みのある味わいに。ノンオイルが後味すっきりでおすすめ。

コチュジャンとみそが溶けにくいのでしっかり混ぜる。

2.沸騰したらキムチを入れ、豆腐は大きめにスプーンですくい加える。

キムチとツナでうまみも倍増!お好みのキムチでOK。酸味があるものは発酵が進んでいるので、コクが出ておすすめ。

3.弱めの中火で5分程煮たら、小房に分けたブロッコリーを加えてさらに1分加熱する。

4.器に盛り、いりごまをふって出来上がり。

あわせて読みたい

ページトップに戻る