2016年 8月29日(月)放送

きょうの料理 つまみ食い 料理研究家   荻野恭子さん

手打ちうどん

手打ちうどん

つくり方

  1. 基本の生地をつくる。ポリ袋に強力粉、薄力粉、塩を入れて口を押さえ、袋ごと10回ほどふって混ぜる。
    <Point>ポリ袋をボウルなどの器に入れてから材料を入れると、こぼれにくい。
  2. 粉と塩がよく混ざったら、袋ごとボウルに入れ、ぬるま湯150gを加える。ボウルから取り出し、(1)と同様にふって混ぜる。
    <Point>ぬるま湯を使うと、生地が早くまとまる。
  3. 生地がまとまってきたら台の上に置き、粉っぽさがなくなるまで、袋の上から30回ほどもむ。袋の上からひとまとめにし、室温で30分間以上休ませる。生地を取り出して4等分に切る。
  4. 台に打ち粉用の強力粉をふり、生地を1コのせ、麺棒で30×15cmにのばす。
    <Point>長方形にするようにのばす。厚さはお好みで。
  5. 生地に打ち粉用のかたくり粉をたっぷりとふる。生地を裏返し、裏面にも同様に打ち粉をする。
    <Point>かたくり粉を使うのは、生地どうしのくっつきを防ぐため。
  6. 生地をびょうぶ畳にする。
  7. 生地を端から5mm幅に切る。
    <Point>包丁を、生地の手前から先にスライドさせるようにして、切る。
  8. 残りの生地も(4)〜(7)と同様にする。すぐに使わない分は、冷凍で約1ヵ月間保存ができる。
    <Point>生地は、1コずつかたくり粉をまぶしてラップで包み、ポリ袋にいれて冷凍庫で保存する。使うときは常温にもどしてから。

エネルギー280kcal / 塩  分0.7g

※エネルギー・塩分は1人分です。

材料4人分印刷用ページ
<生地用>  
強力粉・薄力粉 各150g
小さじ1/2
ぬるま湯 150g
   
<打ち粉用>  
強力粉・かたくり粉 各適量