拍動・脈の遅い不整脈「徐脈」とは?症状や原因、治療法、危険性

更新日

拍動の遅い不整脈 徐脈とは

徐脈とは

不整脈の中でも、拍動が異常に遅くなったり、間隔が長くなったりするタイプが「徐脈」です。1分間の拍動が50回未満だと「徐脈」と診断されます。

徐脈の症状

徐脈の症状

徐脈の自覚症状としては、息切れやだるさ、足のむくみ、めまい・失神などがあります。

徐脈が起こる原因

拍動の遅い不整脈 徐脈とは

心臓は右心房、左心房、右心室、左心室という4つの部屋からなっており、電気信号によってポンプ活動が行われています。人体のペースメーカーといわれる洞結節(どうけっせつ)という箇所から電気信号が発生していて、右心房を通って房室結節(ぼうしつけっせつ)という場所にたどりつくことで心室が収縮を行います。

徐脈の主な原因は、収縮に関わる「洞結節」と「房室結節」に異常が起こることです。
1つは「洞不全(どうふぜん)症候群」で、右心房にある洞結節の細胞に異常が生じ、心臓を動かす電気を発生させる回数が極端に少なくなったり、発生できなくなったりする状態です。

もう1つは「房室ブロック」です。洞結節で作られた電気は心房を収縮させたのち、房室結節を経て、次に心室を収縮させますが、この電気信号を心室に受け渡す房室結節の細胞に異常が生じて、心室へ収縮の命令がうまく伝わらなくなった状態です。

房室ブロックは突然死を起こす危険性がある

房室ブロックになると心室は自家発電のように自らで電気を発生させなければいけなくなるため、非常に不規則な脈になってしまいます。その結果、失神や心不全、突然死を起こす可能性があります。

徐脈になりやすい人

徐脈になりやすい人

徐脈は加齢や動脈硬化が進んでいる人に起こりやすいといえます。また、甲状腺の病気があって、甲状腺ホルモンの分泌が低下すると、若い人でも徐脈が起こることがあります。心臓の収縮に甲状腺ホルモンが大きく関わっているからです。そのほか、薬の副作用として徐脈が起こるケースもあります。降圧薬や抗うつ薬の一部には自律神経や心臓の電気の発生に影響する成分を含んでいるものがあるためです。また、抗不整脈薬も効き過ぎると徐脈になることがあります。

徐脈の治療法「ペースメーカー」

ペースメーカーが必要になるケース

ペースメーカーが必要になるケース

徐脈の多くは直ちに命に関わることは少ないので、自覚症状がなければ経過観察をする場合が少なくありません。しかし、徐脈が原因で失神を起こす場合は、大けがや事故につながる危険性があるため、ペースメーカーの使用を検討します。それ以外にも、息切れやだるさなどの症状が強く日常生活に支障をきたす場合、1分間の脈拍数が40以下で身体を動かすと息切れするなど、心不全の疑いがあるような場合にもペースメーカーによる治療が必要になります。

手術でペースメーカーを埋め込む

徐脈の治療法「ペースメーカー」

ペースメーカー本体は小さな金属製で、電気回路と電池が内蔵されています。重さは20g前後です。心臓の動きを継続的にモニターし、遅い脈拍を検出したら、ごく弱い電気刺激を送って正常な脈拍に戻します。
ペースメーカーの手術では、通常、利き腕の反対側の鎖骨の下を4~5cm切開し、皮膚と筋肉の間に本体を埋め込みます。本体のほか、リードと呼ばれる電線を血管に通して右心室と右心房に送り込みます。
術後は定期的な点検が必要なので、半年に1回程度、医療機関を受診します。また、電池が消耗するので、7~8年後に再手術を受けて本体を交換します。

ペースメーカーの注意点

ペースメーカーの注意点

ペースメーカーは電磁波の影響によって誤作動する場合があり、日常生活を送る上で次のような注意点があります。

[携帯電話]
ペースメーカーの本体から「15cm以上離して」使います。使用する場合は本体と反対側の手で持つようにし、胸ポケットに入れないようにします。

[IH調理器・IH炊飯器]
IH炊飯器は、炊飯のときだけでなく保温時も電磁波が発生しています。ただし、ペースメーカーを接近させない限りは大丈夫なので、あまり神経質になる必要はありません。

[肩こり治療器・電気風呂・体脂肪計]
強い電磁波を発生する機器なので、使用はできません。

そのほかにも注意事項はありますが、通常の日常生活を営むことはできます。ペースメーカーの効果とリスクについては、医師からの説明を十分に受けてください。