みんなでプラス メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

みんなでプラス

「あの教育は虐待だった…」子ども、親それぞれの思い

―「成績を落としたら許さない」と怒鳴りつけてしまった
―深夜まで子どもに勉強させている

教育のためによかれと思って、こんな行動をしてしまったことありませんか?実はそれ、教育虐待かもしれません。 「教育虐待」とは、親が子どもの心や身体が耐えられる限度を超え教育を強制することを指す言葉で、時に暴言や暴力を伴うこともあります。「教育虐待」は、どのように起きるのか?子どもに長く残る影響とは?子どもと親、それぞれの立場の方に話を聞きました。

ぜひみなさんの体験も聞かせてください。寄せられた声をもとに、番組でこの問題を掘り下げたいと考えています。

(「クローズアップ現代」取材班)

記事へのご感想は「この記事にコメントする」からお寄せください。こちらのホームページや放送で紹介させていただくことがあります。

取材班にだけ伝えたい思いがある方は、どうぞ下記よりお寄せください。

「家でホッとできた場所は、トイレですね」

関東地方に住む、30代のAさんです。Aさんが “自分は教育虐待を受けていた” と気付いたのは、大学生になってからだったといいます。

教育虐待を受けたと話すAさん

「物心ついたころには、虐待されていた記憶があります。世間体のいい学校に入らないといけないという雰囲気で、際限なく勉強させられていました。でも当時は『毒親』という言葉もなかったし、子どもだったから虐待だとは認識できていませんでした」

医師の父親と専業主婦の母親の間に、長男として生まれたAさん。父方の祖母が学歴に強いこだわりを持つ人だったことから、親族全体に学歴を重視する空気があったといいます。小学生になるとAさんは、中学受験のため母親に塾に入れられました。週の半分以上は塾で、放課後に友達と遊ぶことは出来なくなりました。

以前からより成績の良い同級生と比較され、罵倒されていたAさん。それは、努力を重ね「選抜クラス」に選ばれるようになったあとも、変わりませんでした。

「比較対象にされたクラスメイトは全国模試でもトップ100に入るような子たちで、いくら成績を上げても終わりが見えませんでした。塾の先生も怖くて、その週の塾が始まる前の日にはいつも腹痛に苦しんでいたのを覚えています」

塾がない日も気を抜くことは許されませんでした。宿題の合間にアニメを見たり、ゲームをしたりするだけですぐに「勉強しろ」と怒声が飛んできました。ある晩、Aさんが塾の模試を終えリビングでくつろいでいた時のこと。母親が突然、近くにあった塾の冊子を泣きながらビリビリに破り捨てたといいます。

「私がその時勉強をしていなかったことが理由だと思いますが、見ていてすごく辛かったですし、まともな人間のすることではないと恐怖も覚えました。親にあれこれ言われるので、ホッと出来る瞬間はトイレの中くらいしかなかった。8歳のころから、『死にたい』というのが口癖でした」

親の強い圧力を受け勉強を続けたAさんは、厳しい指導で有名な私立の中高一貫校に合格。しかし中学より大学を見据えた親からは、「東大医学部以外は人間じゃない」とすり込まれていきました。結局、東大の受験には失敗。それでも難関私立大学に合格し、親族からのプレッシャーはなくなったといいます。

しかしAさんの心は、すでにむしばまれていました。

「自我が芽生えず、自分が幸せを感じるものが分からない。社会性もない」

Aさんは自殺未遂を機に大学を休学、医療機関へ通うことになりました。いまは家族と離れ1人で暮らしています。

「両親は人権という概念すらない状態で、私はずっと支配されていたと思います。違和感を感じて周囲に相談したことはありましたが、そのたび『これは愛情なのだ』と親や先生にすり込まれていきました。私の意思や意見は、何も尊重されませんでした」

いま、Aさんは親との直接のやりとりを絶ち、支援機関の力を借りながら回復への道を探っています。

娘に残る心の傷…「何てことをしてしまったのだろう」

自らの行った「教育虐待」を、いま猛烈に後悔しているという親もいます。
19歳の娘と2人で暮らすBさんです。

教育虐待をしてしまったと話すBさん

20代のころに娘を出産。予定よりも2ヶ月以上早く生まれたこと、さらに自らが産後うつに苦しんだ負い目から、Bさんは「娘を完璧に育てなくてはならない」という思いに強く支配されてきたといいます。

「子どもを不完全な状態で生まれさせてしまった。それなのに自分は産後うつで子どもに関わることも出来ない。そうした状況で娘の人生が始まったことが露呈しないように、それを補いたいという気持ちが強かったんだと思います。いまなら単に私のエゴでしかないと分かりますが、当時は必死でした」

小学校に上がると、公文にピアノ、英語、体操。高学年になると塾にも通わせるようになりました。やらされる勉強が好きでなかった娘は、たびたび塾を欠席します。親の期待に応えようとしない娘を、Bさんはそのたびに大声で怒鳴りつけたといいます。

10代になった娘は、高校受験で第一志望の進学校に合格。しかしある日突然、「わたし無理かも」とつぶやきました。当時、娘は学校の宿題や予習に終われ、いつも寝るのは深夜。布団までたどり着けず、床で寝ていることもしばしばだったといいます。

「長い年月娘との関係がうまくいっていなかったことに私が悩み、親子でカウンセリングを受けるようになった時期でもあったので、それ以上無理をさせようとは思えませんでした。本人が希望して進んだ学校でしたが、私の母校でもあり、私に満足してもらおうと娘は無理をしていたのかも知れません」

その後、Bさんと娘は話し合った末、苦労して入った進学校から通信制の高校に転校。現在は本人の希望に沿った専門学校に進みBさんもその選択を応援しています。しかし、ふとした時に娘に残る「教育虐待」の傷跡を感じるといいます。

「小さいときから “100点取らなければいけない” とか、“テストに出てきたことはしっかりできなければならない” という考えが娘に植え付けられていて、その根強く残っている考え方が娘自身を今も苦しめています。『そんなに大変だったら100点取らなくてもいいんじゃないの』と私が言っても寝る時間を惜しんで勉強して頑張りすぎたいま、うつ症状が出ています。“できないとお母さんから認めてもらえない”、“学校で先生に認められない” という感覚が、いまも彼女の生活を支配しているようで、何てことをしてしまったのだろうと後悔しています」

みなさんの声を聞かせて下さい

AさんやBさんの経験を、どう感じたでしょうか?いま「教育虐待」を受けているという方、かつて「教育虐待」を受けていた、または振り返るとあれは「教育虐待」だったという方。自らの子どもへの向き合い方が「教育虐待」ではないかと悩む保護者の方、ぜひみなさんの声を聞かせてください。みなさんの声をもとに、『クローズアップ現代』でこの問題を掘り下げたいと考えています。

記事へのご感想は「この記事にコメントする」からお寄せください。こちらのホームページや放送で紹介させていただくことがあります。

取材班にだけ伝えたい思いがある方は、どうぞ下記よりお寄せください。

みんなのコメント(52件)

体験談
すう
40代 女性
2024年6月9日
3歳上の姉と常に比較されていました。幼少期から、あなたは何をやらせても続かない子だからと言われ続け、自分が興味を持った習い事は通わせてもらえませんでした。私の言う事は聞いて貰えないので、私の口数は減っていきました。訳もわからず、小学3年生からは塾に通わされました。後から知ったのですが、姉が地元の中学に進学し、私立に行けばよかったと話した事がきっかけでした。私は私なのに、姉じゃないのに。思い切って受験したくないと訴えましたが、子供の語彙力で親に勝てる訳もなく。私の事は見て貰えてなかったんだなと思っています。塾通いからストレスで抜毛症になりましたが、親からはなぜ髪を抜くのかと、更に叱られるだけで。でも知らず知らず抜いてしまう。誰にも分かって貰えず辛かったです。躾?教育?私にとっては自分は不出来な人間だという洗脳だったと思っています。
体験談
ゆう
50代 女性
2024年6月3日
幼い頃から、親の言いなりの生活でした。
塾にいって勉強させ、中学受験をする上に、将来は、ピアノの先生になるべしとピアノを強制的にならわせ、親の願望のまま大きくなって、子供らしい生活が送れませんでした。
その結果、中学生の時いじめにあい何もかも上手くいかなくなって、やっと親としてやってきた事が悪かったと気がついた時は、もうすでに遅しでした。
今、親から受けた教育虐待に、50代すぎても心の傷はあまりにも深く、PTSDを発症しています。今は親と絶縁状態です。
幼き頃に親と向き合って愛情を育む時間は本当に限られている事痛感する毎日です。
体験談
ナカモ
30代 女性
2024年5月20日
スポーツ英才教育という名の教育虐待を受けていました。
母がコーチを兼ねていた事もあり、
家でも練習場でも叱責を受け続けメンタルを病みました。
ことさら教育に関しては「よそはよそ、うちはうち」精神が働くのか、異常な程の糾弾を練習場でうけていても誰も助けてくれませんでしたね。

そんな20年前の記憶が未だにトラウマになって精神科に通っています。
今更全てが親のせいだった、等とは思わないですが あれがなかったら今頃どんな人生を送っていただろうか?とは思います。

20年前とは違い、今の子はスマホを持つのも早いですし
教育虐待を受けていると気づいた場合、そこから逃げる術があることを願っています。
体験談
もろみ
40代
2024年5月19日
こどもが中学受験塾に通っています。
成績の良し悪しで叱責することはないのですが、毎週カリキュラムで決まっている自宅の勉強をやらないときは、強く叱っています。
暴力、締め出しは日常化しています。
そこまでしないとやらなくて子なので。
自主的に学習にむかえるお子さんが心底羨ましいです。
体験談
るーちゃん
30代 女性
2024年5月17日
私は産まれた時から両親と親族が不仲でした。叔母の家庭は暴走族の総長と結婚しておりヤンキー家系で、私の父親は刑事警官家庭でした。
私が産まれた頃から親族は対立しており、常に父親から親族と縁を切れと言われて育ちました。母親にとっては姉に当たるので仲良くして欲しかったのですが、余りにも親族が職業柄対立をしており、私は産まれた頃から鬱でした。母親は万引きをする人だったので父親がいつもそういう母に対して怒り、そのストレスで私に殴る、蹴る、叩く、髪を引っ張るなどの体罰と、父親に似てブスだ、産まなければ良かった。と日々言われ、腐ったものを食べさせられてそだちました。中学の受験シーズンで両親の離婚問題が2度重なり、受験勉強どころではなく鬱のまま受験をし、そのまま専門学校へ進学しましたが両親の喧嘩は耐えることが無く、父親が肺がんで私が19歳の頃に亡くなり平穏が訪れました。家族とは一体何ですか?
体験談
H
40代 女性
2024年4月30日
私も中学生の時から、東大に入らなければ人間じゃないと言われていました。つまり、子どもの間は人権はないということで、実際家庭の中では、父親への服従が求められていました。父は学習塾を経営し、勝手に放課後のカリキュラムを組んで子どもを通わせました。暴言は日常茶飯事、母は知らんぷりで助けてくれませんでした。後々、父がモラハラだと知りました。

いつかは認めてもらえると思って頑張り続け、大学入学後は無気力になりました。
社会に出て、子ども時代に遊んだり楽しんだりする経験が重要だったのだと知りました。
私は人間関係が苦手で、受け身で、自己肯定感が非常に低いです。

今子育て中ですが、親と同じことを繰り返したくないと思っています。それなのに、自分自身に優しくすることができず、頑張りすぎてしまいます。子どもに生きることの楽しさを伝えられるか不安です。
感想
ハムサンド
50代 女性
2024年4月8日
行き過ぎた体罰はさておき、何度言ってもやらないのが続けば、親も疲弊します。片付けずにずっとゲームしていれば、普通の親なら怒るでしょう。それでも、怒らない親はどうかと思います。また、宿題しないのも、結果的に親が学校からチクチク言われます。また、配偶者に何度も頼んでも子供を叱らない。それって、もはや親虐待ではないか、と、最近思います。どう考えたらよいのでしょうか。家庭内は1(母親のわたし)対3(男ども)の構図で、ごみ屋敷です。
感想
のんびりこ
50代 女性
2024年3月25日
私が小さい頃は、父が単身赴任や出張で
母が1人で子育てしていました。

母は、今要介護になりました。
「当時はとてもつらくても我慢して過ごしていた」
と父に話しています。

母は誰にでも
「大丈夫、私には何も悩みはない」と話している姿しか見ていませんでした。

どんなに酷かった事をされても
助けてって言われたら、親の元にかけつけないといけないのか、自問自答です。
具体的なことを書くとキリがないくらい
沢山言いたい事はありますが、思い出すと辛くなり眠れなくなります。
体験談
アラサー女の昼休み
20代 男性
2024年3月22日
自分は教育虐待をしているかも、と一度立ち止まることで子供が救われることは多いのではないでしょうか。私も、当時は教育虐待や毒親という言葉もなく、親に褒められたいという一心で、中学受験勉強を頑張っていた。そのまま親の望む中高、大学を卒業し、自分の意志を突き通せなかったことが積み重なり現在は自己決定もろくにできない自己肯定感0&両親からの結婚ハラスメントと闘うアラサー女です。私の体験談より、子供も1個人として対等に接し子供の意志を尊重してあげる、また小さい頃から選択させる環境づくりをして意思決定のトレーニングをしておくことが、最も重要なのではないかなと思います。
体験談
弥太郎
30代 女性
2024年3月19日
私は金銭的に大学に行けなかった両親に育てられました。そのせいか学歴コンプレックスが強い父から教育虐待(今思えば、ですが)を受けました。私は三兄弟の真ん中なのですが、幼い頃から父が『才能の可能性を見出したい』と花道教室や英会話、スイミング、書道教室、剣道、学習塾など様々な習い事をしました。そして良い大学に入るにはと、いつのまにか中学受験をするという話になりました。週3日ほど学習塾に通い、合間に上記の習い事をしていたので、いつも疲れていて、肝心の学校の授業で眠ることが多かったです。テストの成績が悪いと叱られ、深夜や朝方まで勉強させられ、側には父がついていて、居眠りをすると頭をたたれたり水をかけられました。大声で怒鳴られるのは当たり前でその時は期待されているのだと思っていました。しかし今考えても貴重なのびのびとした小学校時代を返して欲しいと思う事があります。
記事へのご感想は「この記事にコメントする」からお寄せください。