外反母趾(がいはんぼし)

外反母趾は、足の親指が隣の指に向かって20度以上曲がってしまう病気です。親指の付け根の関節が突き出し、それが靴に当たって痛みや炎症を起こします。治療では、靴の指導、足指の体操、装具療法などを行い、改善が見られなければ手術を検討します。

外反母趾(がいはんぼし)の病気・症状解説(1記事)

外反母趾(がいはんぼし)の原因(1記事)

外反母趾(がいはんぼし)の治療(1記事)

外反母趾(がいはんぼし)の合併症・関連病気(1記事)