足の「巻き爪」セルフケアと治療

更新日

巻き爪とは?

巻き爪とは?

巻き爪とは、爪の端が内側に巻き込んだ状態になることで、多くは足に起こります。
巻き爪のある部分に痛みが起こるだけでなく、姿勢や歩き方が悪くなるため、ひざや腰の痛みの原因となり、特に高齢者の場合には転倒につながる危険もあります。

巻き爪の原因

巻き爪の原因

巻き爪は主に「間違った爪切り」や「爪への過剰な力」、「指に力がかからない状態が長く続くこと」などが原因で起こります。

巻き爪の原因

「間違った爪切り」で多いのは深爪です。深爪をしていると、足の指に力が加わった際に、爪の先の皮膚が力を受けて盛り上がります。その結果、爪はまっすぐに伸びることができずに、厚みが増したり、両端が巻いたりしてくるのです。

巻き爪の原因

また、爪の両端をわずかでも切り残してしまった場合には、その爪がとげのように皮膚に突き刺さり、痛みや炎症を引き起こす「陥入爪[そう]」の原因になることもなります。その痛みを何とかするため深爪を繰り返すと、症状は悪化してしまうので注意が必要です。

巻き爪の原因

「指への過剰な力」がかかるのは、「外反母趾[し]がある場合」や「足の形に合わない靴を履いている場合」などです。歩行時、地面からの力が親指に加わるだけでなく、人差し指によって上からも押されるなど、足の指に過剰な力が加わるため、親指の爪がまっすぐ伸びることができず、巻き爪になります。

巻き爪の原因

「指に力がかからない」とは、「足の指に力を入れずにぺたぺたと歩く癖がある人」や、「寝たきりの人」など、親指に体重がかからない状態が長く続くことです。本来、爪は丸まっていく性質があります。通常は歩行時に地面からの力が加わることで、爪は平らになりますが、力が加わらない状態が続くと、爪はどんどん巻いていってしまうのです。

巻き爪のセルフケア

巻き爪のセルフケア

巻き爪は、正しいセルフケアをすることで、予防したり改善したりすることができます。医療機関での治療を受けたあとも、再発防止のためにはセルフケアは欠かせません。

巻き爪のセルフケア

まずは、足の爪を切りすぎないことがポイントです。爪の長さは指先と同じか、1mmほど長いくらいまで伸ばしている状態が適切です。爪の先は平らでまっすぐな形になるように少しずつ切り、角は少しだけ整える程度にしましょう。爪切りの頻度は、3~4週間に1回が目安です。

巻き爪のセルフケア

また、足を締め付けるような靴も巻き爪の原因になります。
痛みがそれほどひどくなければ、自分でテーピングをすることで、痛みを軽減できます。巻き方は2種類。足の指に巻き付ける方法と、爪の周囲を覆う方法があります。

巻き爪のセルフケア

どちらの方法も、爪の際にテープを貼って、皮膚を引っ張ることがポイントです。巻いている爪と皮膚の間に隙間を作ることで、爪の食い込みを緩和し、痛みを和らげます。
これらのセルフケアを行っても痛みが続く場合には、皮膚科やフットケア外来を受診して相談をしてください。

医療機関での治療

医療機関での治療

皮膚科やフットケア外来では、爪の形を矯正して痛みを取り除く治療が行われます。
軽傷の場合、「クリップ法」で爪を平らにしていきます。重傷の場合には、爪の先端に穴をあけて金属製の細いワイヤーを通す「ワイヤー法」が行われます。何れの方法も、爪が伸びてくるため1~2ヶ月に1回程度付け替える必要があります。

医療機関での治療

また、炎症を伴う巻き爪には、爪の端と皮膚の間に柔らかいチューブを差し込む「ガター法」を炎症が治まるまで行うこともあります。

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    足のケア「巻き爪」