足首の痛み 主な原因は「変形性足関節症」

更新日

変形性足関節症とは

変形性足関節症とは

足首の痛みの主な原因である変形性足関節症は、足関節(脛骨[けいこつ]・腓骨[ひこつ]・距骨[きょこつ]から成る足首の関節)の軟骨が損傷して炎症が起こり、痛みを生じる病気です。足関節は複数のじん帯で守られていることで安定しています。しかし、ねんざを繰り返したり骨折をすると、足首のじん帯が緩んで関節が不安定になります。また、O脚の人は、体重が足首の内側にかかり、内側の軟骨が傷つきやすくなります。加齢により軟骨が老化して弾力性が失われることも、軟骨が損傷する要因になります。
主な症状には、「歩き始めに痛む」「夕方に腫れる」「階段や坂を下りるのがつらい」などがあります。進行度は、足関節の状態によって、軟骨に十分な厚みが残っている初期、軟骨が次第に薄くなることで軟骨のふちに負担がかかるようになって骨棘[こつきょく]ができる進行期、ほとんど軟骨がなくなり骨棘が大きくなって骨が変形する末期の3段階に分類されています。

保存療法と手術

保存療法と手術

初期から進行期の段階では、まず保存療法が行われます。保存療法には、サポーターを装着して足首の動きを制限したり、足底版を靴に入れて負担を軽減する「装具療法」、炎症を抑える「薬物療法」、アキレス腱[けん]を延ばすことで症状を和らげる「運動療法」があります。痛みの軽減やねんざの予防には、「アキレス腱のストレッチ」が効果的です。1人で行うと足関節の前方に負担がかかり痛みが増すことがあるので、家族などに手伝ってもらうとよいでしょう。

保存療法と手術

保存療法で症状に改善が見られない場合は手術を検討します。検討の際には、「症状の程度」「日常生活の不自由度」「治療への意欲」などが考慮されます。手術法は病期別に分かれており、初期から進行期には「じん帯再建術」「骨切り術」、末期には「関節固定術」「人工足関節置換術」のいずれかが検討されます。