かゆみや湿疹などの皮膚トラブルにつながる、乾燥肌を予防する方法

更新日

乾燥肌って何?

乾燥肌って何?

特に冬になると皮膚が乾燥してかゆみ湿疹など皮膚のトラブルを抱える人が多くなります。その原因の一つが温度の低下です。気温が低くなると発汗が少なくなるとともに、汗とは別に角層を通じて出てくる水分も少なくなります。そのため、皮脂膜や角層の状態に影響し、皮膚の乾燥を招いてしまいます。また、湿度の低下も皮膚の乾燥の原因になります。大気の乾燥だけでなく、暖房機器などの影響による室内の乾燥も、皮膚からの水分の蒸発を加速させます。

乾燥肌って何?

皮膚のいちばん外側は皮脂膜で覆われ、皮膚の水分が蒸発するのを防いだり、細菌や刺激物質などが体内へ侵入するのを食い止めたりしています。その下には角質細胞間脂質があり、水分の過剰な蒸発を防いでいます。また、角質細胞の中の天然保湿因子は、細胞内に水分をためる役割を担っています。皮膚が乾燥すると、こうした水分をためる働きが低下し、放置すると、皮脂膜や角層の乱れから刺激を受けやすくなり、かゆみが生じたり、赤いブツブツ(丘疹[きゅうしん])が出てきたりします。かくと炎症が強まり、痛みが現れることもあります。また、さらに乾燥状態が悪化すると、かゆみと炎症が生じる皮脂欠乏性湿疹や、アトピー性皮膚炎などが発症・悪化することもあります。

乾燥肌を防ごう

乾燥肌を防ごう

皮膚の乾燥を防ぐには、「皮膚を傷つけないこと」と「保湿を心がける」ことが大切です。具体的には、「熱いお風呂に入らない」「体をゴシゴシ洗わない」「部屋の湿度を保つ」「適度な運動をする」「保湿剤を塗る」といったことがポイントです。入浴するときには42℃より低い湯につかり、体を洗うときはせっけんをよく泡立てて手で優しく洗うようにします。部屋の湿度が低いときは加湿器などを用いて湿度を50%前後にし、室内の温度は18~23℃を保ってください。また、冬は発汗が少なくなるので、適度な運動で血行をよくし、汗をかくようにしましょう。皮膚が乾燥しないように、「保湿剤を1日1回必ず塗る」ことも重要なポイントです。保湿剤にはさまざまな種類があり、自分の皮膚の乾燥の程度によって使い分けます。保湿剤は、正しく塗ることで効果を発揮します。塗り方のコツを覚えて、毎日続けて行うことが大切です。

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    冬の皮膚の乾燥対策