白血病、悪性リンパ腫など「血液がん」とは

更新日

血液がんとは

血液がんは、ほかのがんと同様に高齢になるほどなりやすく、高齢者が増加している現在、患者数も増えています。
血液がんの主なものには、白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などがあります。
骨髄の中には、血液の元となる造血幹細胞があり、これが分化と成熟を繰り返すことで、白血球や赤血球、血小板などが造られます。この造血幹細胞や未熟な白血球ががん化すると、異常な白血球(白血病細胞)ばかりを作るようになります。これが白血病です。白血病には、主に急性骨髄性白血病、慢性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性リンパ性白血病の4種類があります。
血液がんの中で最も患者数が多いのが悪性リンパ腫です。悪性リンパ腫は、白血病に含まれるリンパ球ががん化する病気で、がん化したリンパ球はリンパ節などで増殖して腫瘍を作ります。
白血球の一種、Bリンパ球ががん化するのが多発性骨髄腫です。かつては診断後の余命が2〜3年と言われましたが、現在では治療法が進歩したことで、余命が大きく延び、骨の痛みなどの症状も抑えられるようになってきました。

急性骨髄性白血病とは?急性骨髄性白血病の治療の治療