くらしや防災に役立つ情報をお届けします

大雨への備え

備え1

  テレビやラジオで伝えられる
  最新の気象情報に注意しましょう。

備え2

  家具類、貴重品など水に浸かると困るものは
  できるだけ高いところへ置きましょう。
  農薬など流出すると危険なものは浸水しない
  ところへ置きましょう。

備え3

  河川の急激な増水や氾らんが起こりやすいので、
  低いところにある中小河川などには
  不用意に近づかないようにしましょう。

NHK総合テレビのデータ放送やNHKオンラインでは
「河川水位」と「雨量」の情報を常時、提供しています。

ダミー画像

大雨や土砂災害にかかわる気象情報

注意報(大雨・洪水注意報など)

・・・災害の起きる恐れがあります

警報(大雨・洪水警報など)

・・・警戒!重大な災害が起きる恐れがあります

記録的短時間大雨情報

・・・数年に1回程度の猛烈な雨を観測したとき

土砂災害警戒情報

・・・土砂災害の危険が高まっています

NHKオンライン「気象・災害情報」では現在発表されている「警報・注意報」などが確認できます。

雨の強さとそのときの状況

用語

1時間雨量(ミリ)

状況

小雨

1未満

地面がかすかに湿る。傘なしでもレインコートで間に合う。

5~10未満

本降りになる。地面に所々水たまりができる。

やや強い雨

10~20未満

ザーザーと降る。地面に一面水たまりができる。雨の音で話が良く聞きとれない(木造住宅)

強い雨

20~30未満

どしゃ降り。傘をさしていても濡れる。ワイパーを早くしても見づらい。側溝や下水、小川があふれ、小規模のがけ崩れが始まる

激しい雨

30~50未満

バケツをひっくり返したように降る。道路が川のようになる。車のブレーキが効かなくなる。都市では下水管があふれる。山崩れ・がけ崩れが起こりやすく、所により、避難の準備が必要。

非常に激しい雨

50~80未満

滝のように降る。水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなる。車の運転は危険。都市では地下街などに雨水が流れ込む場合も。土石流が起こりやすい。多くの災害が発生する。

猛烈な雨

80以上

息苦しくなるような圧迫感がある。恐怖を感ずる。大規模な災害の起こるおそれが強く、厳重な警戒が必要。

参考文献:気象庁資料(2002年1月)

広島県の土砂災害ハザードマップ

※NHKのサイトを離れます

広島県の津波浸水想定図

※NHKのサイトを離れます

土砂災害への備え
実際に避難する

"動画で学ぶ・台風"を見る

"動画で学ぶ・水害"を見る

"動画で学ぶ・地震にそなえる"を見る

"動画で学ぶ・津波"を見る

"台風・大雨"関連のコラムはこちら

"落雷・突風"関連のコラムはこちら

"地震・津波"関連のコラムはこちら

▲ ページの先頭へ