くらしや防災に役立つ情報をお届けします

土砂災害への備え

広島県には全国で最も多く「土砂災害危険箇所」が存在しています。
梅雨の時期や台風・低気圧の影響で雨が多く降る時や、地震が起きた時など、土石流・がけ崩れ・地すべりなどの土砂災害が各地で発生しています。
土砂災害から身を守るために、どんな場所が危険であるかを知り、災害に備えましょう。

土石流

土石流

石や土砂が水と混じり合い、
谷間を流れる

崖崩れ

崖崩れ

急な斜面が崩れる

地すべり

地すべり

斜面がゆっくりすべり落ちる

土砂災害

 谷川に大きな岩がゴロゴロある

 がけにひび割れが発生している

 がけの上部がせり出している

 がけの表面を水が流れている

土砂災害の前兆

 「山鳴り」や「地響き」などの異常な音が聞こえる

 がけの斜面にひび割れができる

 がけから小石などがバラバラと落ちてくる

 地面から濁った水が湧き出る

広島県の土砂災害ハザードマップ

※NHKのサイトを離れます

実際に避難する

"動画で学ぶ・台風"を見る

"動画で学ぶ・水害"を見る

"動画で学ぶ・地震にそなえる"を見る

"動画で学ぶ・津波"を見る

"台風・大雨"関連のコラムはこちら

"落雷・突風"関連のコラムはこちら

"地震・津波"関連のコラムはこちら

▲ ページの先頭へ