本文へジャンプ

「亜由未が教えてくれたこと」坂川智恵さんインタビュー 第1回「障害者の家族は不幸」という言葉

2017年07月21日(金)

笑顔の坂川智恵さんと亜由未さん

由未が教えてくれたこと」坂川智恵さんインタビュー
第1回「障害者の家族は不幸」という言葉

 ▼妹の介助をする姿を番組に
 ▼不幸だと生きていてはいけないの?
第2回 第3回 第4回

 



Webライターの木下です。

妹の介助をする姿を番組に


今年の5月9日に、『ハートネットTV』では、「亜由未が教えてくれたこと」という番組を放送しました。NHK青森の坂川裕野ディレクターは、神奈川県の津久井やまゆり園で殺傷事件を起こした植松聖容疑者の「障害者の家族は不幸」という言葉を否定したいがために、実家に戻り、亜由未さんにカメラを向けることになりました。坂川ディレクターの妹の亜由未さんは、肢体不自由と知的障害のある重症心身障害者です。

坂川ディレクターの実家は、東京の板橋区にあります。小さい頃から妹とは自宅でともに暮らしていましたが、世話や介助をしたことはありませんでした。しかし、今回は、番組のために妹さんの知らない一面や家族の苦労を知ろうと、1か月間介助をしたいと両親に申し出ました。

「亜由未が教えてくれたこと」
介助の目標はただ世話をすることではなく、妹を笑顔にすることでした。「自分の家族は幸せなんだ」と示したくて、がんばりますが、妹の亜由未さんは思うように笑ってくれません。そんなときに、母親の智恵さんは、「結果的に笑顔なのと、笑顔を求めるのは違う」と息子をたしなめます。

「障害者は笑顔でないといけないの?」という智恵さんの問いかけは、坂川ディレクターだけではなく、メディアすべてに向けられた問題提起でもあるような気がしました。昨年、バリバラでは「感動ポルノ」というテーマで、「障害者が非障害者を感動させるための道具にされていないか」という問題提起を行い、大きな反響を呼び起こしました。しかし、その一方で、昨年の津久井やまゆり園の事件の後には、さまざまなメディアが「幸せな障害者像」や「明るい障害者像」を示すことで、犯人の優生思想に対抗しようとしました。

そんな中、母親の智恵さんは、「障害者を無理に笑顔にする必要なんてない」と言います。それはなぜなのか、ご自宅を開放したコミュニティスペース「あゆちゃんち」に話をうかがいに行きました。


不幸だと生きていてはいけないの?


木下
:「障害者の家族は不幸だ」という植松聖容疑者に対抗する意味で、息子さんは妹の亜由未さんを笑顔にしようとがんばります。それに対して、母親である智恵さんは、「結果として笑顔になるのと、笑顔を求めるのは違う」と戒めますよね。あの言葉の真意は、どこにあるのでしょうか。

坂川:犯人の植松容疑者は、「障害者の家族は不幸だ」と言ったわけですが、それに対して、「いや、私たちは不幸じゃありません」なんて言い返すよりも、「不幸な人間は殺されなければならないのですか? 生きるのが許されるのは幸福な人間だけですか?」という根本的なことを問いたいのです。
 「見た目は不幸に見えるかもしれないけれど、実は幸せです」なんて言う必要さえないと思います。「不幸で何がいけないの」と言いたいですね。人生、幸せだと感じたり不幸だと思ったりいろいろなんですから、「不幸なら生きている価値はない」なんて、冗談ではないと思います。

木下:亜由未さんは、いつも笑っている、明るいイメージが強いですね。その姿を視聴者に見てもらって、植松容疑者の言葉を否定したいという、坂川ディレクターの気持ちはよくわかります。

坂川:どうしてもSNSなどに上げる写真は笑顔のものが多くなりますから、いつも笑っているように思われてしまうのです。でも、ふだんは笑っていないことも多いですし、体調によっても、全然違います。だから、ネットの中だけの亜由未しか知らなくて、初めて介助に来られる方は、「え、あゆちゃん、笑わないの!」と不安になられることがあるようです。でも、私たちもそうですけど、年がら年中笑ってるわけではないし、笑ってなくても充実していることってあるのに、笑顔ばかり求められたらしんどいと思います。

木下:介助する側にとっては、利用者の笑顔は仕事をしていく上で、大きなモチベーションになると言いますが。

坂川:学生時代に読んだ本で、安倍美知子さんという障害当事者の方が書かれた『ピエロにさよなら』という本があるのです。著者の美知子さんが、リハビリ中に一生懸命足を引きずりながら笑顔でがんばっていると、お父さんも先生もみんな笑顔になっていく。でも、本当はそうするのは辛くて、シンドイことだったのです。でも、「私が笑わなくなると、みんな去っていくのではないか」、そう思って、いつも笑っていたというのです。私はその本のことが忘れられません。
 亜由未はたまたま笑う障害者ですけど、表情がわかりにくかったり、笑わない方もおられます。明るい笑顔の障害者だけに人気が集まり、そうでない人には支援が手薄になるとしたら、それもおかしなことです。人間はいろいろな表情をもっていて、一日のうちでも変わりますし、逆に一日中、機嫌の悪い日だってあります。亜由未もいろいろな顔をするし、私は、それが「いいな」と思っています。詩人の相田みつをじゃないですけど、「人間だもの」と言いたいですね。

 

木下 真

▼関連ブログ記事
 「亜由未が教えてくれたこと」坂川智恵さんインタビュー(全4回)
  第1回「障害者の家族は不幸」という言葉

  第2回  地域の人々と交わるスペースを創る 
  第3回 重い障害があっても地域で暮らす理由
       第4回 一緒にいることがスタートでありゴール

 知的障害者の施設をめぐって 全14回障害者の暮らす場所 全5回相模原障害者施設殺傷事件 全6回相模原市障害者施設殺傷事件に関して【相模原市障害者施設殺傷事件】障害者団体等の声明


▼関連番組

  2017年5月9日放送『ハートネットTV』「亜由未が教えてくれたこと」
 2017年7月22日放送『ETV特集』「亜由未が教えてくれたこと
 2017年7月26日(水)『ハートネットTV』シリーズ 障害者施設殺傷事件から1年 第3回 生放送 障害者は“不幸”?

コメント

番組を見始めた時は、失礼なのですが、不愉快に感じました。
あゆみさんの外見が美しくなかったからです。
でも、番組を見ている内に、あゆみちゃんが、笑うと、一緒に
私も嬉しく思い、番組が終わる頃には、もっと笑って欲しい、
可愛い、と思っている自分がいました。
私自身、精神障害なのに、障害者を差別するのが、
分かりました。多分、近くに身体障害者がいないせいです。
近くに、重度障害者がいなければ、番組はじめで、
疎ましく思い、そう思っていながら、
一時間で、感情移入もするのだと分かりました。
重度障害者の価値は、その笑顔だと思いました。


投稿:ゆお 2017年07月28日(金曜日) 22時11分

 昨夜、NHKで再放送を見ました、私には自閉症で知的障害がある息子(二男)を親たちが誘致の運動をして立ち上げた入所施設に預けております、ちなみに長男は生後先天性の心臓病を持っていたのですが当時田舎の産院兼内科で主治医が一人という環境の為、1か月健診で「チアノ-ゼがある。」という主治医の名刺の裏に書いた紹介状を持ち東京の国立小児病院に飛んで行きましたが、生後44日で亡くなりました。亜由未ちゃんのように
 仮に心臓の手術を受けられてたとして、同じような脳性まひが起こらなかった可能性は排除出来ません。
子供の障害や病気に親は、「自分の命に代えても良くしてあげたい。」と思い、見返りを求めるものではありません。
 日々心をこめて介助するなかの、ほんの些細な子供の喜びの表現
があるがゆえに生きていられる気がしております、私・親も60代後半になりつつあります、亜由未さんの御母さんが「せめて東京か埼玉に住んで。」と、次女の方に電話をしている事が人ごとには思えませんでした。

投稿:ゆ-みんのママ 2017年07月23日(日曜日) 08時30分

放送を拝見しました。ご両親の大変な介護の日常を
取材されているのに、どこかのんびりしたお兄さんの
様子が介護というものは思っていたよりも特別なものでは
ないのかな?と思わせてくれました。
あゆみさんが、お兄さんのあげるご飯を
食べてくれない場面は、思わず笑ってしまいました。
また、お母さまが、お嬢さんに電話で話している様子は
胸が熱くなりました。
家族にとって、障がい者の存在は重いけれど、
それぞれが大切に想う気持ちが痛いほど伝わりました。

やまゆり園の事件では、被害者の様子が全くわからず、
どのような方々に対して加害者があのような発言をしたのか
よくわかりませんでした。
しかし、この番組を見て、障がい者に価値がないという考えは
やはり間違っていると確信することができました。
というよりも、同じ人間なのですから当たり前です。

障がい者の日常は世間から隔離されすぎていて、
そのことが差別につながるような気がします。

ご家族の不安が少しでも解消される社会を
望みます。

投稿:のぞみ 2017年07月23日(日曜日) 01時38分