首都圏ネットワーク

  • 2023年10月6日

コロナ定点把握 感染者数の前週比 東京 神奈川 埼玉 千葉〜10月1日

キーワード:

新型コロナの定点把握による感染者数について、10月1日までの1週間の状況です。全国では前週の0.8倍で4週連続の減少で、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県でも、いずれも前の1週間を下回りました。1都3県を中心とした感染状況と分析をまとめました。 
(発表時点の感染者数です)

全国 前週の0.8倍 4週連続で減少

厚生労働省によりますと10月1日までの1週間に全国およそ5000の医療機関から報告された新型コロナの患者数は前の週から1万641人減って4万3705人となりました。 
また、1つの医療機関あたりの平均の患者数は8.83人で前の週の0.8倍となりました。前の週から減少が続くのは4週連続で、46の都府県で減少しました。

都道府県別では多い順に、愛知県が12.4人、熊本県が11.3人、茨城県が10.73人、千葉県が10.61人、北海道と大分県が10.43人などとなっています。

厚生労働省 
「4週連続で全国的に減少しているのでピークアウトしたと考えられるが、インフルエンザなどの患者数は増加傾向にあるので、引き続き基本的な感染対策を行ってほしい」

東京都 前週比 4週連続で減少

東京都は5日、都内の新型コロナの感染状況について、モニタリング項目を発表しました。それによりますと、定点把握の対象になっている都内419の医療機関のうち、417か所から報告があり、10月1日までの1週間の感染者数は、あわせて2951人で、1医療機関あたり7.08人でした。これは前の週の8.89人のおよそ79.6%となり、4週続けての減少となりました。

また、10月2日時点での入院患者数は1370人で、前の週より399人減りました。

専門家 
「患者報告数は、8月下旬から9月上旬を頂点として、減少傾向が続いている。現時点では医療提供体制への大きな負荷は見られないが、インフルエンザなどが増加しており、引き続き状況を注視する必要がある」

神奈川県 前の週に比べ減少

神奈川県によりますと、10月1日までの1週間は、県内364の医療機関から3021人の新規感染者の報告があり、1医療機関あたりの平均は8.30人と、3週連続で減少しました。

1医療機関あたりの新規の新型コロナの感染者数は3週連続で減少し、先週の公表分に続き、2週続けて10人を下回りました。

埼玉県 前週比 3週連続で減少

埼玉県が4日、発表した新型コロナの感染状況によりますと、10月1日までの1週間に定点把握の対象となっている261の医療機関から報告のあった新たな感染者数は2548人でした。 
1医療機関あたりでは9.76人で、12.62人だった前の週と比べて2.86ポイント減少しました。減少したのは3週連続となります。

世代別にみると、10代が533人と最も多く、10歳未満が448人と続いていて、すべての世代で感染者が減少しているということです。

県は感染者数が減少傾向にあるものの、高齢者や基礎疾患がある人にとっては重症化リスクが高いとして、体調が悪いときは外出を控えたり場面に応じてマスクをするなど引き続き感染対策を呼びかけています。

千葉県 前の週に比べ減少

千葉県は、新型コロナウイルスの「定点把握」による感染状況を発表しました。10月1日までの1週間の1医療機関あたりの新たな感染者数は10.61人で前の週の14.43人と比べ26%減少しました。

年代別では10代が最も多く、次いで10歳未満、50代となっています。

あわせて読みたい

ページトップに戻る