ひるまえほっと

  • 2023年9月15日

いま旬市場 まいたけ・タチウオ ご紹介!

キーワード:

豊洲市場から旬の食材を紹介します。秋の味覚も続々!秋にかけて脂がのっておいしい「タチウオ」と、食物繊維たっぷり!シャキシャキ食感の「まいたけ」をご紹介します。

まいたけ

きのこの中でも、シャキシャキとした食感、うま味と香りが強く、どんな料理にも向いている「まいたけ」。主な産地は、新潟県、静岡県、福岡県など。 
9月~10月が出荷のピーク。

一般的な「まいたけ」と「白まいたけ」の2種類がある。 
「白まいたけ」はやわらかい食感で、色が白いのが特徴。 
調理したときに黒ずんだ煮汁が出ないため、料理に色を付けたくないときにおすすめ!

■おいしいまいたけの選び方 
・カサの部分が厚く、乾いているもの。 
・軸が白く、かたくて、ハリのあるものを選ぶとよい。

■保存方法 
・石づきがついている場合はペーパータオルで包み、そのままポリ袋に入れる。冷蔵庫で保存(2週間が目安)。 
・冷凍保存の場合は、そのまま・もしくは食べやすい大きさに割いてポリ袋に入れ、保存(3~4週間が目安)。

■おすすめの食べ方 
『まいたけの炊き込みごはん』

<材料>(2人分) 
・米 … 2合 
・まいたけ … 1パック(100g) 
・にんじん … 1/3本 
・酒 … 大さじ1 
・みりん … 大さじ1 
・しょうゆ … 大さじ1 
・だしのもと … 小さじ1 
・塩 … 小さじ1/2

<つくり方> 
1.米はといで、炊く量より若干少なめの水に浸しておく。まいたけは1口大に割き、にんじんは千切りにする。 
2.炊飯器に酒・みりん・しょうゆ・だしのもと・塩を入れて軽く混ぜ、まいたけとにんじんを加えて炊飯する。 
3.炊き上がったら軽くかき混ぜて完成。 
お好みで油揚げを入れると、さらにおいしい!

『まいたけの中華風たまご炒め』

<材料>(2人分) 
・まいたけ … 1パック(100g) 
・豚バラ肉 … 200g 
・卵 … 2個 
・長ねぎ … 1/3本 
・料理酒 … 小さじ1 
・オイスターソース … 大さじ1 
・ごま油 … 大さじ1 
・サラダ油 … 大さじ1

<つくり方> 
1.まいたけは食べやすい大きさに割き、豚バラ肉は一口大に切る。長ネギは3~5mmの斜め切りにする。 
2.フライパンでごま油を熱し、溶いた卵を入れ軽くかき混ぜたら皿に移す。ペーパータオルで残りの油をふき取り、サラダ油を入れて熱し、豚バラ肉を炒める。色が変わったら、まいたけ、長ねぎを入れて料理酒を振りかけ、さらに炒める。 
3.まいたけ、長ねぎがしんなりしてきたら、炒めた卵を加え、オイスターソースを回しかけて軽くまぜ、皿に盛って完成。


■まいたけの紹介

豊洲青果市場 卸 井岡毅志さん 
「まいたけは、食物繊維も豊富で、体にもいい食材です。残暑がまだ続きますが、たくさん食べて乗り切ってください」

タチウオ

■夏から秋、脂がのっておいしい「タチウオ」 
・タチウオは、東北から九州にかけて、幅広くとれる魚。今回ご紹介するのは千葉県産のタチウオ。うろこがなく、海の中できらきら光っているきれいな魚。

・タチウオは「太刀魚」と書くことも。名前の通り、細長く、銀色に光る体は、“刀”のような見た目!

・立って泳ぐことから、タチウオと呼ばれているとも言われている。

■見極めのポイント 
▼目が黒く、澄んでいるもの 
→鮮度が良いのがわかりやすい。 
▼魚体 
・時間が経つとお腹がやわらかくなり、身がどんどんブヨブヨになる。 
→しっかり身がかたいもの、傷が少ないものを選ぶといい。

■おすすめの食べ方 
『タチウオの塩こうじ焼き』

・皮目に塩こうじを軽くぬって弱火でゆっくり時間をかけて火を通す。塩こうじの甘みが身まで入ってやわらかくフワッとした食感で食べることができる。

『タチウオの竜田揚げ』

・細かく切ったタチウオを、しょうゆ・みりん・酒に30分~1時間ほどつける。そのあとにかたくり粉をまぶして油で揚げる。 
・外はカリっと、中はフワッとした食感を楽しめる。

『タチウオの刺身』

・鮮度のいいタチウオは生で刺身で楽しめる。 
・今回は大根おろしにポン酢をかけてさっぱりと!


■タチウオの紹介

豊洲水産市場 仲卸 泉澤裕介さん

「タチウオは白身魚でどんな料理にも合わせることができます。ご家庭でも、ぜひいろんな料理に挑戦していただければと思います」

あわせて読みたい

ページトップに戻る