4月20日

共産党 書記局長

小池晃さんのステーキランチ

4月20日

東京・千駄ヶ谷の共産党本部4階にある食堂で、ごはんをよそっているのは、小池晃書記局長(57)です。

医師でもある小池さん。
「昔、患者さんに、『先生のお腹を触っていると落ち着きます』と言われたこともあるけど、気にはしているよね。ごはんは、ちょっと、少なめにしています」
小池さんは「少なめ」と言いますが、ほかの人と比べて少ないかというと…正直よく分かりません。

共産党本部の食堂では、ランチメニューは2種類の日替わりで、一律480円。
この日は、子持ち鰈(かれい)の煮つけと、ステーキです。
小池さんが迷わず選んだのは…

「やっぱり肉でしょ。安倍内閣と戦う力をつけないと」
ステーキを切るナイフにも、自然と力が入ります。

食堂は、国会議員だけでなく、党本部で働く大勢の職員も利用します。
国会やNHKの「日曜討論」でも、政府・与党を厳しく追及する姿が印象的な小池さん。
ランチを食べながらの何気ないおしゃべりが、ヒントになることも多いといいます。

「党職員には、『皮肉屋』もいるし、いろんなアイデアをもらいますね。われわれは、平等を大事にする政党。料亭で政治家が意見交換するのではなく、食堂で、みんなでフラットに意見交換するのが大事でしょ」

党運営の要を担う書記局長として、日々の党務をこなしている小池さん。
一口一口、力強くかみしめ、110グラムのオーストラリア産ビーフを平らげました。

「ちょっと、きょうは硬めだね。でも、政治家は、あごが大事。安倍政権にかみついていかないと!」

安倍政権に立ち向かうための「牙」も鍛える、小池さんの「肉食」ランチ。

ごちそうさまでした!