ねほりはほり聞いて!

政治のことば

ねほりん

ねほりん

なにかと難しくてわからない政治のことば、このコーナーで解説するよ

ぱほりん

ぱほりん

政治のことば

今回は
核兵器禁止条約

ねほりん

ぱほりん

デスクイメージ

デスク回答

核兵器禁止条約とは

核兵器禁止条約は、核兵器の使用は非人道的で国際法に反するとして、開発、製造、保有、使用を禁じる初めての国際条約で、2017年に国連で採択され、50の国と地域の批准をもって、2021年1月22日に発効しました。

一方で、アメリカやロシア、中国などの核保有国や、アメリカの核の傘のもとにあるNATO=北大西洋条約機構の加盟国や日本などは、条約に参加していません。

核兵器禁止条約について、日本政府はアメリカなど核兵器の保有国が参加していないことから核軍縮を目指すうえで現実的ではないなどとして、参加しない姿勢を明確にしています。

当時の菅総理大臣は2021年1月7日の記者会見で「唯一の戦争被爆国として条約が目指す核廃絶というゴールは共有しているが、核兵器のない世界を実現するためには核兵器の保有国を巻き込んだうえで核軍縮を進めていくことが不可欠だ」と述べ、条約に署名しない考えを重ねて示しました。

2022年1月3日、核保有国のアメリカ、ロシア、中国、フランス、イギリスの5か国は共同声明を発表し「核戦争に勝者はおらず、決して戦ってはならない」として、外交的なアプローチで衝突の防止に努め、核の拡散防止や核軍縮に取り組む姿勢を強調しました。

その一方で共同声明は、現状では防衛や抑止のために核兵器を保有しているとして、核兵器禁止条約にも言及していません。

 

各国の核弾頭は1万3000発余

世界の軍事情勢を分析するスウェーデンの研究機関が2021年6月に発表した報告書によりますと、各国が保有する核弾頭の総数は1万3000発余りと、前の年よりおよそ300発減少している一方で、ロシアとアメリカを中心に実戦用の配備数が増加しているなどとして、各国が核戦力を近代化し拡大していると指摘しています。

世界の軍事情勢を分析するスウェーデンのストックホルム国際平和研究所の年次報告書によりますと、各国が保有する核弾頭の総数は去年1月時点で(2021)1万3080発と推定され、前年の推計から320発減少しました。

国別では
▽最も多いロシアが6255発と前年より120発減り、
▽アメリカは5550発と250発減った一方、
▽中国は350発と30発増え、
▽フランスは290発と前年と同じ、
▽イギリスは225発で10発増えたとしています。

▽6番目はパキスタンの165発、
▽7番目はインドの156発、
▽8番目はイスラエルの90発となっています。

また北朝鮮は前の年から10発程度増え、40発から50発を保有しているのではないかと分析しています。

ページトップ