みんなでプラス メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

みんなでプラス

漫画「はだしのゲン」とは

原爆投下後の広島をたくましく生き抜く少年の姿を描いた漫画、「はだしのゲン」。学校に置いてある数少ない漫画だけに、子どものころ手に取って読んだことがある人も多いのではないでしょうか。

「はだしのゲン」はことし6月、連載開始から50年を迎えました。 長年読み継がれてきたこの漫画には、どんな思いが込められていたのか。 作者を支えた“最初の読者”に話を聞きました。

「はだしのゲン」とは

「はだしのゲン」の連載が始まったのは、1973年。描いたのは中沢啓治さん(1939-2012)。6歳のときに広島で被爆した漫画家です。

次の世代を作っていく子どもたちに原爆のおそろしさを知ってもらいたいと筆をとった中沢さんをそばで支えたのは、妻のミサヨさんでした。

中沢ミサヨさん

―――啓治さんはどのように漫画を描いていた?

ミサヨさん

ネームを描くときはひとコマひとコマが本当に真剣勝負で、いかに短い文章で的確に表現できるかというところは苦労していましたね。そういうときは部屋に閉じこもってやっていました。絵の場合はいくらか気楽に、ラジオを聞きながら描いてましたよ。


一番はじめに読むのは私です。私は原爆について詳しいことは知らなかったので、初めて細かく知ったのは「はだしのゲン」です。感動する場面ではじーんとくるときがあるし、私が涙ぐんでいたりすると、感想は聞いてこないんですがちらちらと横で見てきましたね。

主人公ゲンは、広島に投下された原爆によって家族を亡くします。それでも、「踏まれても踏まれてもまっすぐ伸びる麦のように強くなれ」という父のことばを胸に、たくましく、力強く戦後を生き抜いていきます。この作品は、中沢さんが父、姉、弟、そして8月6日当日に生まれた妹を亡くした自身の体験をもとに描かれました。ゲンたち中岡家の家族構成は中沢さんの家族そのものです。

原点は“怒り”

中沢さんはかつて、NHKのインタビューでこのように語っていました。

「はだしのゲン」作者・中沢啓治さん(2005年)
「葬儀のあとお袋を火葬にしたときに骨がないんです。驚いたね。 いくらかきまわしてもこんな小さな骨しかないんです。こんなばかなことがあるかと。 お袋の骨がないというのはどういうことだと、ものすごいショックを受けてね。 原爆の放射能が骨の髄までとっていきやがったと。こりゃあもう許せんぞと。 そこで原爆をテーマにしようと思った」
(中沢啓治さん 2005年放送)。
さまざまな言語に翻訳された「はだしのゲン」

これまでに24の言語に翻訳されるなど、海外でも広く読まれてきた「はだしのゲン」。原爆を題材にした作品と聞くと、絵のインパクトからもまずこの作品を思い浮かべる人は多いかもしれません。

―――原爆のおそろしさを訴えるようなこわい描写のシーンがたくさんあります。

ミサヨさん

少年誌の編集長から連絡をいただいことがきっかけで連載が始まりました。でも人気がないと打ち切られちゃうでしょう。


だから私が当初、「ケロイドや傷口にウジ虫が湧く様子は子どもが読まないから、もうちょっと表現を抑えて、やさしく描いたらどう?」と言ったら怒られたんです。


「これでも最小限に抑えて描いているんだ。これ以上簡単に描くと原爆じゃない。実際はもっともっとひどい。目玉が飛び出たり、腸が飛び出た人もいたんだ」って。ただ、そういうことまで描くと子どもが目を背けるから最低限のことだけ、こわさを抑えて描いているんだと言っていました。

原爆直後の一コマ

ーーー原爆のこわさをどう表現するか、悩んでいた?

ミサヨさん

原爆の被害をごまかしちゃいけない。でもどうしたら子どもたちに読んでもらえるかというところはとても苦労していました。


目を黒く表現しているのは、子どもだったらここまでは見てくれるんじゃないかという思いでああいう感じで描いてあるんです。それでも「皮膚が垂れ下がっているのは本当なんだから隠すわけにはいかない。そういう部分をちょこっとだけ描いていたら、原爆のこわさも、当時の悲惨さも伝わらない」と言っていましたね。

子どもに向けて描いた「原爆漫画」

多くの学校の図書室にも置かれている「はだしのゲン」。連載開始から50年が経ついま、広島の小学校を取材すると、図書室や学級文庫には読み込まれてボロボロになったゲンがありました。そして、どの学校でも10巻すべてそろっていることはなく、誰かが借りている状況。いまの子どもたちからも根強い人気があると実感しました。子どもに向けてゲンを描いていた中沢さんは、学校でゲンが受け入れられていることをどう思っていたのでしょうか

図書室に置かれた「はだしのゲン」

―――図書室や教室に置いている学校も数多くあります。

ミサヨさん

主人は学校で読まれていると聞いてとても喜んでいましたよ。昔は教職員たちが集まる講演会によく呼ばれていて、そこで先生たちから話を聞くみたいなんです。帰ってくると「あそこの学校では学級文庫がボロボロになって何回も入れ替えたと先生が話していたよ。あそこの学校では表紙が破れて、木の板を貼っているらしい」ってうれしそうに私に報告するんです。子どもに読んでもらいたいと思って描いた作品だから、子どもが自ら手にとってくれていると聞いたら、それはうれしいですよね。

―――なぜ子どもに読んでもらいたかった?

ミサヨさん

子どもは純粋で、記憶がすごく残るでしょう。主人も6歳で被爆していて、当時のことをずっと覚えている。漫画を見たときに、戦争はおそろしい、原爆は二度と落ちてほしくないという思いを子どもたちには持ってもらいたかったんでしょう。とにかく「繰り返してほしくない」という思いがすごくあったんです。


あるとき、「うちの子はこの漫画を読むとこわくて夜眠れないんです」という手紙が届きました。そのときに、「お子さんは感性が豊かな子ですね。大人になったら立派になりますよ」と返していたんです。被爆の実相をとにかく描き残して、子どもたちに読み継いでもらいたいという思いで描き続けていました。

ーーーこの作品には“麦”が大切な存在として描かれています。

ミサヨさん

ゲンはどんなときでも、周りを明るく励まして麦のようにたくましく生きていきます。主人は「母親が生きていたからまともな人生を歩むことができた。一人だったら野垂れ死にしていただろう」と生前話していました。当時の広島でそういった孤児たちをよく見てきたんですね。子どもどうしで1人じゃ生きていけない。そういう環境でいかにして助け合って生きていけるかとか、その力強さ、人間愛、そういうものを「はだしのゲン」には込めたんだとよく話していました。

市民から見た戦争とはなにか。きのこ雲の下ではどんな悲惨な光景が広がっていたか。次の時代を作っていく子どもたちに伝えたいという思いで描き上げられた「はだしのゲン」。

作者の中沢啓治さんが亡くなり10年が経ったいまも、麦のようにたくましく生き抜くゲンの力強い言葉が色あせることはありません。

ミサヨさんはこれからも多くの人に読んでもらいたいと話します。

中沢ミサヨさん
ミサヨさん

半世紀にわたって読み継がれることは感謝ですよ。当時読んでいた小学生の子どもたちは60歳以上。孫がいる年齢ですよね。主人が残したこの漫画はすごい作品だとしみじみ思います。



主人は子どもが自分から読み始めることを喜んでいました。なにかのきっかけで、子どもたちが自ら興味を持って手に取ってくれたらうれしいですね。


世界が平和になるまで読み継がれていってほしいです。

みんなのコメント(58件)

提言
天満のとらやん
70歳以上 女性
2023年9月30日
9月20日(水)に図書館で「はだしのゲン」(1~3)を借りて来ました。いつか読まなくてはならない本と思いつつ、漫画をあまり読んでいなかった私には、他に借りている本もあり、読み始めるのに少し時間が必要でした。返却日も気になり、読み始めるとぐんぐん引き込まれ、2日で3冊読み終えました。体調不良でここ4日間は家でこもり切り。明日にでも残りの本を借りに行きたいと思っています。この本の価値を知り、もちろん購入を考えていますが、まずは読み切りたい、そして多くの人にこの本の素晴らしさを知ってもらうための行動を起こさなくてはならないと強く感じてネット検索をし、クローズアップ現代の取り組み(8/2)を知りました。NHKの力に期待しています。平和な世の中とは、生きる喜びを共有できる社会の実現を目指して行動できる状態と、考えています。はだしのゲンはその本質を伝えられる作品です。ぜひ広めてください。
体験談
シゲさん
50代 男性
2023年9月2日
自分の近所に住む叔母さんが被災しており、広島の当時の状況を聞いて私自身育ちました。真に酷い話しです。
叔母さん自身もケロイドが背中と腕に残り生死を彷徨いながら生きながらえた事を語っておりました。
私自身幼心に叔母さんに発した言葉が今でも悔やんでおります。まだ小学1年だったころ、叔母さんがつくってくれたおにぎりを、腕に残るケロイドをみて「叔母ちゃんの作るおにぎりは汚くて食べれない」などと言いました。その時の叔母さんの悲しそうな顔は忘れられません。
その後もその叔母さんとは家族のような付き合いでしたが、原爆被災者への差別のようは状況は当時あったと聞いております。
戦争に向かうような状況の現在、非国民などの言葉に代表されるような息苦しさ、自由な空気が損なわれつつあるような気がしてます。
感想
ぽん
2023年8月16日
「はだしのゲン」を読み継ぐことは大事だと思います。
平和教材から無くなってしまったことは残念です。

今のような形ではなく、パブリックドメインとしてネットで全部無料で公開してしまえば良いのです。印税相当額を有志や篤志家の寄付により購うことは決してむずかしくないと思います。

また、海外版については、どれも、中途半端なところで終わっています。
母が出産し、それをゲンが取り上げ、あたかも「原爆を落とされたけれどもめげずにがんばるぞ」という前向きな印象です。原爆の悲惨さ、戦争の虚無などまったく伝わりません。英語版が進駐軍の横暴などをカットしており、各国語版もそれに準じています。完全版を出すべきです。

あたかも、日本の右傾化、平和教育の後退という文脈で語られることの多いこの問題です。しかし、仮想的である「反動勢力」などは、もはや団塊の世代の脳内にしか存在していません。現実に立脚してほしいです。
感想
みかん号
60代 女性
2023年8月13日
地元の新聞の読者投稿欄に、この日のクロ現についての投稿が複数ありました。採用されなかった投稿もあるでしょうから、反響が大きかったと思います。私はゲンをリアルタイムで読んだ世代で、10歳頃からだったと思います。被爆者のシーンは怖かったですが、楳図先生の「漂流教室」のほうがもっと怖かったし、「頭持ち帰り殺人」の文字が毎日踊る現代で、残酷さに麻痺する前に被爆者の絵を見られて良かったと思っています。浪曲シーンにさえ批判があるのにはビックリ。何のためのタブレット?授業で検索すれば?動画もある。日本人は外国人に比べて昔の文化や人を大切にしない。以前の大阪市長の文楽問題を思い出した。「ねらいに到達しやすいもの」って平和ノートにそぐわない発想。算数などの教科と混在していてナンセンス。教育委員会の委員長はここぞの時の権力も持たされていない。歴史から地続きであることを若いうちから教えないとヤバいです。
感想
咲子
50代 女性
2023年8月8日
福岡県50代女性です
小学校の修学旅行で長崎の平和公園と原爆資料館に初めて行きました。目にした光景に驚きショックで目を覆う様でした。

しかし、あの衝撃の強さが戦争絶対反対との自身の平和主義へ繋がっていると思います。

資料館は訪れなければ目には出来ないけど、漫画は世界を渡る事か出来るから、是非、世界中で教材にして貰いたい位なのに、広島でこの様に掲載が中止されたことはとても悔しい気持ちになりました。

政治的な過ちも、原爆の残酷さも、事実を学ぶから、過ちを繰り返さないのだと思います。

どうか、ハダシのゲンの掲載を復活させて、それこそ。政治的圧力が無い中で、先生達が安心して平和教育が出来るようにして貰いたいと切に願います。

また、それを知れたこの番組に感謝です。
感想
からさん
70歳以上 男性
2023年8月7日
ゲン削除に対する現場教員の「考える余裕がないのでどちらでもよい」「市の方針ですので」…ただ残念です。
番組の最後に紹介された沖縄の先生の「子どもが見えない形で排除してしまうと子どもはどうやって学んでいけばいいんですか? 大人の決めた中だけで学んでいくんですか? 子どもたちが自ら考え自分から手を伸ばしてそれを取りに行くという場面をどう作るかというのが自分達の仕事だと」…孫たちの学校にもこんな矜持を持った先生がいてくれたらいいな…
最後にこの番組の制作姿勢が感じられほっとしました。
提言
からさん
70歳以上 男性
2023年8月7日
市教委はゲン削除の理由を現場の教員から出た課題に対応するためとしていますが、現場の教員を含む検証会議では議事録からも削除を求める声は挙がってなく、現場の教員を含まない改定会議で削除が決まったとのこと。また市教委担当部長は検証会議以外の別の所から変更を求める声は全くなかった(保守系団体の代表は削除を求めたと明言)と断言し、現場の教員の意見を大切にしたと説明… しかし、検証会議で現場の教員から削除を求める意見は挙がってない…市教委の説明は単純に矛盾していませんか? もう一歩踏み込んだ追取材を期待します。
体験談
父母、祖先に感謝
男性
2023年8月7日
はだしのゲンを中学生のときに読みました。
それから、日本の国旗を嫌い、君が代を嫌い、日本の祖先をきらいになりました。悪いことばかりしている日本人は大嫌いです。
朴さんとか韓国人は優しい人ばかりで日本は無くなる国だと思っていました。
しかし、社会人になり様々な歴史を学び、考えが変わりました。
命がけで私たちを守ってくれた祖父や叔父、裸一貫で養ってくれた祖母や父母に感謝をしています。
今はこの漫画について疑問を感じています。
体験談
さとこ
40代 女性
2023年8月4日
元中学教員です。広島、長崎に修学旅行に行き、真剣に資料館を見学する生徒たちを見てきました。はだしのゲンのアニメも事前学習で扱ってきました。一人ひとりの生徒が多くのことを感じ、平和について考えるきっかけになると信じてきました。
子ども達に相応しくないと言う人には、子ども達が原爆をアニメで知って戦争のない世界を生きたいと努力する人になるのと、知らずにいて本物の戦争を引き起こして実際に原爆にあうのとどちらがいいかと問いたいです。
先人方が苦しみながら命をかけて残してくださった作品を、今後も平和を守るための教材としていきたいです。
感想
つぅ
40代
2023年8月4日
市内ではないですが、広島県出身者です。
県外から出てはじめて、原爆について県外の人は関心が薄い方が多いと知り衝撃でした。
だからこそ、手に取りやすい漫画で原爆が表現され、図書室などに置かれるのは賛成です。
削除されてしまったのは残念ですが、子どもたちが『はだしのゲン』に触れる機会は奪わずに、本人たちに判断させてあげて欲しいと思います。
この話題を取り上げていただきありがとうございます。