子どものうつ病

子どもが12歳以降になるとうつ病が増え、発症率は大人と大差がなくなります。学校での学習困難、いじめ、虐待などが発症要因です。子どものうつ病に特有の症状は、怒りっぽい、過眠、過食の3つで、大人のうつ病とは症状が異なります。

子どものうつ病の病気・症状解説(3記事)

子どものうつ病の原因(1記事)

子どものうつ病の治療(3記事)