うつ病の治療の基本とは?

更新日

うつ病の症状とパターン

うつ病の症状とパターン

うつ病では、重症度を「軽症」「中等症」「重症」に分けるほか、「うつ病は初めてか、何回目か」「どのような特徴があるか(パターン)」などを確認します。また、うつ病にはさまざまな現れ方があり、代表的なものには「メランコリー」「非定型」「精神病性」の3つがあります。
メランコリーは最も典型的なパターンで、「自分を責める」ことが特徴です。ほかにも午前2時、3時に目が覚めて、その後眠れないといった「早朝覚醒」や、「食欲低下」「体重減少」などの症状がみられます。
非定型は、基本的にメランコリーと逆のような特徴を示します。「他人の言動に過敏に反応して傷つく」ほか、「過眠」や「食欲増進」「体重増加」などの症状がみられます。
精神病性のうつ病は、現実の認識がうまくできなくなっている状態でうつ病の中でも重度にあたります。「幻覚・妄想」を伴うのが特徴で、多くの場合、入院が必要になります。

治療の基本

治療の基本

治療の基本はどのような場合でも「精神療法」と「薬物療法」です。
精神療法とは、「医師が傾聴・共感する」「病気について患者さんに理解してもらう」「生活リズムを整える生活指導を行う」といった治療のことです。 外来診療で通常1~2週間に1回、行われます。軽症の場合、あるいは非定型の場合には、精神療法を中心としつつ、補助的に薬物療法を用います。
中等症以上のうつ病と軽症でもメランコリーの場合には、薬物療法を中心としつつ、精神療法が併用されます。
薬物療法では、「抗うつ薬」を柱に、症状に応じて「気分安定薬」「抗精神病薬」「睡眠薬」が使われます。
薬の効果がどうしてもみられない場合に使われるのが、「通電療法(修正電気けいれん療法)」です。全身麻酔で筋弛緩薬を併用して行うため、通常は入院しての治療となります。また、秋から冬にかけて起こる季節性のうつ病には、朝に人工的な光を2時間ほど浴びる「光療法」が有効な場合があります。