かんたんごはん

  • 2023年4月17日

鶏のしょうが焼き丼

キーワード:
鶏のしょうが焼き丼

甘辛いたれで、ごはんが進むどんぶりです。 たれに加えるりんごは、皮つきのまますりおろすのがポイント。 栄養も香りもそのまま!見ばえも鮮やかになります。 たれを入れる前に、脂を軽くふき取るひと手間で、脂っこくなく仕上がります。


料理研究家
高橋善郎さん

材料2人分

ごはん(温かいもの)

丼2杯分

たまねぎ

100g(1/2個)

りんご

150g(1/2個)

鶏もも肉(カットタイプ)

250g

塩・こしょう

各適量

薄力粉

適量

酒・水・しょうゆ

各大さじ2

しょうが(すりおろす)

小さじ1

コチュジャン

大さじ2

ごま油

大さじ1

刻みのり

適量

青じそ(千切り)

10枚

ゆで卵(市販)

1個

白ごま

適量

つくり方

1.1/2の半分のたまねぎをさらに半分にして、繊維を断ち切る方向で5mm幅に切る。

繊維を断ち切ることで味なじみがよくなる。

2.りんごを洗って皮つきのまますりおろす。

皮つきのまますりおろすことで、さわやかな香りが残り、皮の赤色で見栄えも鮮やかに。

3.鶏もも肉に塩・こしょう、薄力粉をまぶす。

薄力粉をまぶすことで、たれの絡みがよくなる。

4.調味料を混ぜて、たれを作る。酒、水、しょうゆ、しょうがのすりおろし、(2)のりんごのすりおろし、コチュジャンを加えて混ぜ合わせる。

りんご・コチュジャン・しょうゆの甘辛い組み合わせが相性抜群!

5.フライパンにごま油を熱し、(1)のたまねぎと(3)の鶏肉を入れ中火前後で全体に焼き色がつくまで焼く。途中、余分な脂をペーパータオルで軽くふき取る。

脂をふき取ることで、重たくなくごはんが進む味わいに。

6.(4)のたれを加え、1分ほど煮詰めながら炒める。

7.温かいごはんを丼などに盛り付け、刻みのりをしき、(6)のしょうが焼き、千切りの青じそ、ゆで卵、白ごまをふってできあがり。

おすすめレシピ

ページトップに戻る