もっとニュース

  • 2024年2月22日

【訃報】東京出身の山本陽子さん死去 森光子さんの「放浪記」「黒革の手帖」「京、ふたり」などに出演

キーワード:

1960年代から話題の映画やドラマ、舞台などで活躍し、清純な女性から悪女まで幅広い役柄を演じ分け、人気を集めてきた俳優の山本陽子さんが、おととい(2月20日)、急性心不全のため亡くなりました。81歳でした。

SNSでは、「30代の頃の山本さんは夏目雅子さんに匹敵するほどに美しかった…」とか「美しさと演技力にはいつも感動させられました。」など、山本さんを惜しむ投稿が寄せられています。

SNSで惜しむ投稿

山本陽子さん(1967年)

SNSでは、山本さんを惜しむ投稿が寄せられています。

山本陽子さん亡くなったか…
30代の頃の山本さんは夏目雅子さんに匹敵するほどに美しかった…
美しさと演技力にはいつも感動させられました。
大好きな女優さんのお一人でした
山本陽子さんがお亡くなりになりました 私は八つ墓村での印象が強く残ってます 昭和のスターがまた堕ちてしまった
ついこの間、八つ墓村で綺麗なこの方をしみじみと眺めたばかりなのに。。。哀悼の意を表します。
海苔のCMで毎日TVでお見かけする永遠の和風美人でした。

東京出身の山本陽子さん

「京、ふたり」の最終収録を終えた 山本陽子さんと畠田理恵さん

山本陽子さんは東京出身で、1963年に日活のニューフェイスとして芸能活動を始めました。

その後、話題の映画やドラマ、舞台などに次々と出演し、清純な女性から悪女まで幅広く演じ分ける高い演技力と清そな顔立ちで人気を集めました。

このうち、1982年に放送された民放のドラマ「黒革の手帖」では、平凡なOLから銀座のクラブのママにのし上がる悪女を演じて話題を呼んだほか、老舗の漬物店を舞台に親子の絆などを描いた1990年のNHKの連続テレビ小説「京、ふたり」では、母親役を演じるなど数多くのドラマに出演しました。

国民栄誉賞の受賞が決定した森光子さんに 花束を渡す山本陽子さん

また、舞台でも長く活躍し、森光子さんの「放浪記」に出演したほか、舞台「おはん」で主役を演じ、1993年度の菊田一夫演劇賞を受賞しています。

さらに、長年出演したのりのコマーシャルでもお茶の間に親しまれました。

最近も2月2日に放送されたテレビ番組に出演して元気な様子を見せていたほか、4月には舞台への出演も予定されていましたが、所属事務所によりますと、おととい(2月20日)、急性心不全のため、亡くなったということです。81歳でした。

1991年10月 東京都内

ページトップに戻る