もっとニュース

  • 2023年8月28日

通学定期券 購入時の混雑緩和?通学証明書の確認 JR6社が簡略化へ

キーワード:

通学定期を購入する際、駅の窓口で並んだことがありませんか。年度ごとに通学証明書の提示が必要なため、毎年春に窓口が混雑する事態が発生していますが、JRグループ6社は来年度以降、通学証明書の確認を在学中1回のみに簡略化し、その後は「継続」扱いで、通学定期券を券売機などで購入できるようにすることにしました。6社の導入時期などまとめました。

通学定期 年度ごとに証明書が必要

生徒

定期を買うときは1時間くらい並んでいて、まだかなと感じます。

生徒

30分ほど待ったのでスマホや本で時間を潰していました。もっと定期が簡単に買えるようになったらいいと思います。

全国のJRグループ6社の通学定期券の利用者は、入学時だけでなく年度が替わるたびに窓口で高校などから発行してもらった「通学証明書」などの提示が必要です。このため年度が替わる3月から4月上旬にかけて、全国の駅窓口では通学定期を求める人で混雑する事態が頻繁に発生していました。

入学時など証明書提示で卒業まで

こうした状況を改善しようと、JRグループ6社は入学時などに一度証明書を提示すれば、卒業予定の時期まで、その後の提示は不要にすることを決めました。

利用者は入学時に一度証明書を提示して「新規」の定期券を購入し、その後は、卒業予定の時期まで券売機などで「継続」扱いの定期券購入ができるようになります。

証明書の提示が1回で済むようになることで、利用者の利便性が向上するとともに窓口の混雑緩和が期待されています。

このほか「性自認の多様性について社会の中で関心が高まっている」として、「性別」の欄は削除するとしています。

JRグループ6社 取り扱い開始の時期は

今回の制度改正はJR各社によって取り扱いを始める時期が異なっています。

通学定期券の購入  
証明書確認の簡略化はいつから
JR東日本 磁気・Suica・モバイルSuica  
2024年4月1日から
JR北海道 磁気 2024年4月1日  
Kitaca 2025年4月1日から
JR東海 2024年下期以降
JR西日本 モバイルICOCA 2024年4月1日から  
磁気・ICOCA 2024年下期以降
JR四国 磁気 2024年4月1日から
JR九州 時期未定

(2023年8月28日時点)

JR東日本は、磁気定期券とSuica定期券、それにモバイルSuica定期券のいずれも、来年(2024年)4月1日から定期券の中に在学期間のデータを記録し、証明書の確認を1回にする取り扱いを始めます。

JR北海道は、磁気定期券は来年4月1日から、Kitaca定期券は再来年(2025年)4月1日から取り扱いを始めます。

JR東海は、来年下期以降、準備ができしだい取り扱いを始めるということです。

JR西日本は、モバイルICOCA定期券では来年4月1日から取り扱いを始め、そのほかの磁気定期券とICOCA定期券は来年下期以降、準備ができしだい取り扱いを始める予定です。

JR四国は磁気定期券で来年4月1日から取り扱いを始めます。

JR九州は、取り扱いを始める時期は未定だとしています。

“待ち時間短縮や証明書を出す学校の負担軽減を期待”

JR東日本鉄道事業本部 運賃・運輸収入ユニット 加茂義尚リーダー  
「4月上旬にお客様が集中し、大変お待ちいただいています。入学中1回のみの証明書の確認に変えることで、待ち時間の短縮や証明書を出す学校の負担軽減を期待しています。駅の窓口係員にとっても、お客様が多い時期は大変緊張感がありましたが、いままでよりもスムーズに定期券を発行できると思います。引っ越しや通学先のキャンパスが変わった、留学などで在学期間が変わった際などは改めて通学証明書を提出するなど、適正に利用していただきたい」

あわせて読みたい

ページトップに戻る