STOP詐欺被害!

  • 2023年7月24日

特殊詐欺の手口と対策 “話に違和感”で被害防止

キーワード:

詐欺のさまざまな手口をお伝えし、被害を未然に防ごうという「STOP詐欺被害!」。 
最近、実際にあった手口を見ていきます。 
今回のテーマは、「“話に違和感”で被害防止」です。

7月、千葉市美浜区に住む80代の男性の自宅に義理の弟を名乗る男から「税金を支払うため、すぐに現金が必要だ」などと電話がありました。

話の中で男がすでに亡くなった男性の親族を今も生きているように話題にしたことを不審に思い、警察に通報したということです。

警察は、この情報をもとに男性の自宅周辺の警戒にあたり、現金100万円を受け取ろうとやって来た40代の男を逮捕しました。

今回のポイントはこちら。「“話に違和感”で被害防止」

詐欺グループは、家族構成や最近の出来事など知らないことについても適当に話を合わせることでうそを信じ込ませようとしてきます。 
話につじつまが合わない点があったり少しでも違和感を覚えたりした場合は、詐欺を疑ってください。被害を防げる可能性がありますので最寄りの警察署に連絡するなど、相談してください。

あわせて読みたい

ページトップに戻る