STOP詐欺被害!

  • 2023年7月11日

特殊詐欺の手口と対策 “スマートフォンが当たった”に注意

キーワード:

詐欺のさまざまな手口をお伝えし、被害を未然に防ごうという「STOP詐欺被害!」。 
最近、実際にあった手口を見ていきます。 
今回のテーマは、「“スマートフォンが当たった”に注意」です。

ことし5月、関東地方に住む30代の女性が携帯電話でインターネットを閲覧していたところ、「スマートフォンが当たりました」という広告が表示されました。 
広告をクリックすると、個人情報を入力する画面が表示され、女性はメールアドレスなどを入力してしまいました。

さらに、クレジットカードの情報を入力するよう求められたことから不審に思い、途中でやめたということです。

後日、女性のメールアドレスには英語の文章が書かれた不審なメールが届くようになったということです。

今回のポイントはこちら。「“スマートフォンが当たった”に注意」

国民生活センターによりますと、「スマートフォンが当たった」という内容の広告に関する相談は、ピークだった2020年度には数百件寄せられ、現在も続いているということで、中にはクレジットカードの情報を入力してしまい、勝手に使われた事例もあったということです。 
インターネット上に不審な広告が表示されたら詐欺を疑い、警察や最寄りの消費生活センターなどに相談してください。

あわせて読みたい

ページトップに戻る