自宅でできる体操で、一般的な肩こりを軽減

更新日

一般的な肩こりの症状をやわらげる体操

一般的な肩こりに悩んでいる人には、症状をやわらげる体操もおすすめです。ただし、下記のような症状がある場合は、体操を行わず整形外科を受診してください。

  • 肩に強い痛みがある
  • 腕や手にしびれがある
  • 肩を動かしていないのに痛む

体操を行うときは、呼吸を止めずにゆっくりした動作で行い、痛みが出た場合はただちに中止してください。それぞれの体操は10~20回を1セットとし、1日3セットを目安に行います。

つらい肩こりを楽にする3秒体操1 ~肩のこりをとる~

片側の僧帽筋の上部を、反対側の手のひら全体で包み込むようにつかみながら、肩を上げます。その状態を3秒間保ったら、元に戻します。反対側も同様に行います。指先でわしづかみしないようにしてください。手が肩に届かない場合は、人に後ろからつかんでもらいながら行ってください。

つらい肩こりを楽にする3秒体操2

耳の後ろにある出っ張った骨の下のくぼみに、両手の親指を当て、ほかの指は頭を包み込むように添えます。親指で軽く押しながら、あごを持ち上げます。その状態を3秒間保ったら、元に戻します。首を反らしすぎないように注意し、親指を支点にあごを上げるようにしてください。

姿勢改善で肩こり予防1 ~肩こりを予防する3秒体操~

あおむけに寝て、両ひざを立てます。片側の脚を上げて、そのひざの裏を両手で抱えます。ひざを胸に近づけながら、お尻と腰を床から浮かせた状態で3秒間保ったら、元に戻します。反対側も同様に行います。お尻を上げるときは腹筋を使うことを意識して、反対側の足をふんばらないように行ってください。また、腰を反らさないように注意して行ってください。

姿勢改善で肩こり予防2 ~体幹をひねる~

足を肩幅に広げ、股関節とひざを軽く曲げます。骨盤と上半身を少し前に傾け、両手をみぞおち辺りにあてます。そして、左右の肩甲骨を背中側に引き寄せ、胸を張ります。そのまま背骨を軸に回転させるように、上半身を交互にひねります。ひざがつま先より前に出ないように行いましょう。

この記事は以下の番組から作成しています

  • きょうの健康放送
    体操満載!肩こり・肩の痛み対策「肩こり原因と解消法」

きょうの健康 放送

体操満載!肩こり・肩の痛み対策「肩こり原因と解消法」の他の記事